Un Ordinary Days

普通じゃない、言ってしまえば普通以下

<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2015.04.25 Saturday

この話は、私も初めて聞いたような気がするな。

JUGEMテーマ:日記・一般

【拡散】中国軍が中国人を100万人虐殺して日本軍のせいにした史実「黄河決壊事件」を広めよう!!!

黄河決壊事件てのは聞いた事なかったけれど、河川を氾濫させて中国の民衆を
巻き込むというかほぼ囮にして、日本軍を誘いこんで攻撃したって話ならば、
たしか小学生の頃に、戦記物の本で読んだような。

でも、中国って古代史のころから自国の農民というか領民を犠牲にして
敵軍を攻撃とか結構あるからなぁ。
なんか、他のと一緒の記憶と思ってたのかもしれません。

黄河決壊事件・・・日本軍の妨害しようと
付近の農民などかまわず黄河を決壊させるシナ軍。
溺れるシナ民衆を
身を挺して助けた日本軍。
それに砲撃するシナ軍。

事件後シナ民衆は日本軍に協力して、
自軍であるはずのシナ軍狩りをしてる。
こんなの空前絶後だよ。こんな戦争って、かってある?


って、スレ内にあるんですが、同時にWikiにもリンクがあったんでそれも。
黄河決壊事件
ま、うっかりすると改竄されるかもしれませんけれどね。

ただ、こういう手法って古代史の中ででてくる事はあっても(水攻めの一種だわなぁ)
爆破は無いので、被害もたかが知れているというのはあるんですよね。
だからこそ、効果的な手段だったという面も無くは無いのですが、それをうまく収めるには
治水技術が高度でないといけません。

ところが、中国というか中国国民党軍にせよ、中国共産党軍にせよ清の中期までの技術を
全て失っていると言っても良いわけでして、この中国の荒廃はさかのぼればアヘン戦争に
つながるわけなのでしてね。

スレッドで、欧米ではアロー戦争と教えているとか言う話しですけれど、それすらも
シャーロック・ホームズを読むと、意外と詳しく別ったりねw

ちまちま、東洋のアヘンの話が出てくる始末だそうで。

まあ、それはさておき、この黄河決壊事件にせよなんにせよ、欧米の問題てのが
かなり大きくでてくる事になるってのはあるのですよね。

香港がなんで、97年まで英国統治領だったか考えると良いと思うのよね。
なんてな感じなのですよね。


ただ、中国もこのアヘン戦争はトラウマなようでして麻薬の密売や持ち込みには
結構厳しかったりするようです。


  

2014.06.09 Monday

法案ですら過積載の違法建造物状態かよ、と。

JUGEMテーマ:日記・一般

なんでそうなる???

【韓国船沈没】政府が遺族のために と ん で も な い 法案 を用意し始めたぞ!!! これ下手したら国ごと沈没するだろ…やっぱ頭おかしい

まず、地震や台風、火山などのような災害じゃないんだよな。
あくまで事故なんですよ。
でしかも、その事故が公害病であるなら永年的な対処も必要になるとは思うのだけれども、
これは飽くまで企業の怠慢による人災事故なわけでして、之をまるで大規模災害が起こった
あるいは大規模の公害病が起こったかのように対処するのがどうか?
なんて事があったりする状況。

まじで国家転覆するぞ、と。

そもそも、事故のお見舞金って制度だったら、先進国は大体揃えているはずで、
一応先進国でも共産主義の中国は無し(国家が常に国民に施してる設定だから)、
キューバは補助的なものが増える(意外と良心的な制度多し)、なんて感じですが
まあ、資本主義、自由民主主義の国の場合はでかい事故なら国家からのお見舞金
みたいな感じであるんだけれどなぁ、と。

それに加えて之って、なんかねえ?

天災と勘違いしてないか、っていうか、思いっきり大災害扱いして世界がなんか
物凄い勢いで祈りを捧げてくれると思ってるような感じだったりしたんだが。

でも、東日本大震災に見立ててるけれど、実際には同年のコスタ・コンコルディアな
事件なわけでして、世界が祈るだ、募金だの前に国家が事故再発の防止策を打つてのが
普通の国の感覚なんだけれどね。

事故の調査も無いうちに、オーナー一族の財産没収しちゃうし。

異常な事態で有る事は確かで、そりゃあ、法王に魂から変われや!と言われるよね。
なんて事情。


とりわけ今回ので、韓国の状況が異常だなっていうのは、政府も国民も事故である事
国土自体は全く無傷で有る事をまるっと忘れてる事だったりするわけで、それに加え、
仮設住宅の建設から、派手なパフォーマンスによる政府糾弾だのなんだの。

そりゃ、まあ、事故の初動の問題なんて日本の民主党並のへぼっぷりだけれど、
警察から救難組織なんてのまで、あらゆる面がまともに動かないそこに対しての批判も
また反省も出ないというね。

こうなると、もう国家機能がまるで死んでいる状態なわけだからなぁ。


北朝鮮の方が国としてまともに運営されているように見えてしまうという状態で
まあ、アメリカも見限るわけだよなぁ、と。

本来なら、ここでこれまでの反日告げ口外交(実りは無い!)から変換するチャンスでも
あったんだけど、それもしなかったしねえ。

米軍の支援を拒んだところで、終わってたっていうのもあるが。


っていうか、菅内閣も米軍の支援を断ってたというしなぁ。



仲良しさんね!!

つうかなぁ。
本来なら客観視できる在日がもっと自国への意見を言う必要はあるんじゃないの?
自体が悪化したら、もう財産込みで没収はマジでありそうじゃん。

日本がたすけるだろうは無理だよね。
内政干渉だ!って言われたら、なんもできんし。
日本は武力行使がかなり限定されてるから、実際のところ武力をつかって在日を護る
なんて無いし、そもそも外国籍の人をその国籍保有国相手に武力で渡さないっていうと
それ拉致になってしまうからなぁ。

国際法的にみても、人道的にみてもw

  


2014.03.10 Monday

児童ポルノ法改正問題請願って話し

JUGEMテーマ:日記・一般

現在、これって真っ向意見を言う人っていないというか言いづらい所がある
と思うのはあるんですが、現状の改正だと漫画だアニメだゲームだを規制するだけで
実際に性被害に遭う児童を助ける一助にはならない、なんて思う部分は多々有る訳で
そのためにも拙速かつ、粗雑な決定は避けて欲しいのが本音。

確かに目に余る性描写のモノはあると思うし、それを子どもに見せたくないっていう
そんな親心はわかるんだけれど、ただ、その多くは実写、即ちAVに多くアニメだの、
ゲームだのっていうのと比べると、実際の人間(女性)に対してそれを行っている、
と言う点ではアニメだゲームだなんていうのは影響力は皆無に等しい。

実際に過去からAVみたいにしたかった、とかで怪我やレイプの事件もあったりしたからね。

つまり、短絡な原因論ほど、事態を悪化させるだけ、ってな事実はあるわけです。

で、まあ、どうすりゃいいんだい?
なんて思う人もいるわけでして、実際にそう言う事に声を上げるにはちと勇気がとか
どう指摘していいかわからないと言う人には、こんなのどうぞ!

名も無き市民の会 
児童ポルノ法改正問題請願
児童買春・児童ポルノ禁止法改正問題に関して、拙速を避け、
極めて慎重な取り扱いを求める請願


名も無き市民の会が何か?と言うのはホームページを見てもらうとして、
普通に暮らす分にはアニメも漫画も、またゲームも影響力は中二病を発症させる程度
と言っても過言ではない場合もあるわけですが、これに思想戦争なんてのが絡んでくると
色々、利用されてしまうのは昔からの道理なのですね。

特に、アニメやゲームなんて言うのは目立たせやすいし、それを叩けば何か成果を
出した振りができるわけですから、便利に悪用されたりするわけです。

宮崎勤の事件なんて、まあまさにその典型じゃないでしょうか?

てなわけで、ちょっとおかしいぞ?と思う人はぜひとも署名に協力してやってほしいのです!!


  

2014.01.27 Monday

メインとサブとアンダーグラウンド

JUGEMテーマ:日記・一般

文化というかカルチャーというか。

やはりメインがあってサブがあるもんであってさらにそのどれにも属さないアンダーグラウンド
てな感じで本来は存在するべきなんだよな。

そのほうがどちらも、発展させていくための余力がでてくるから。

なのだけれど、現在はその文化もメインとサブとアンダーグラウンドがひとつのストリームとして
動いているのが問題な気がしないでもないわけです。

と言うのは、メインがサブによってはメインのルールでのサブが作られる。
かといってサブに気兼ねしたメインってなぁ、おかしい。
その上、アンダーグラウンドな存在がそれらに関与することでどっちつかずで発展てのが
やはり起こるわけですからね。

なんだけれど、なぜそう言う事になるのかって考えると要は、表現規制ってのが理由のひとつに
あるかなぁ、と思ったりします次第。

そもそも、わしらのようなオタだのクリエイターだの表現者だのってのが今現在結構な勢いで
政治に関わったりするのもおかしなもんなんだが、結局は、この表現を規制しようとするサイド
しかも、これ別にメインストリームな文化の人たちでもなく、文化人、知識人として認められたい
そんな欲求の強い人たちの起こすことと言えなくも無いわけですよ。

なにせ、アグネス・チャンのまんが、アニメの規制を骨子にした児童ポルノ規制だって、
結局はどの文化のサイドにも属さない考えでやってる。
で、政治としての動きになる。

そうすっと、自分らの趣味を護る事=政治的活動をする事にもなってしまうわけだし、
そうなってしまった場合、モノを作る事での対処だ認めさせるだって事以前にですね、
政治的な言葉を弄しての戦いってのになるわけです。

もちろん、それはアニメだ漫画だが実際の児童ポルノと関係ない事や、表現を規制する事で
書くべき物をかけなくなる事も起こる可能性などを言う事になるわけですけれどね。

ただ、この話を読んでくれ!見てくれ!みたいな事は通用しない、面倒くせえ世界になるわけで
たとえば「きちがい」という言葉を使わないでいけといわれても過去の作品なら気違いはあって
当然だという事をどう説明するか、なのですな。


今、CSでやっているマイティジャックを見てる人はわかると思うけれど、キチガイは確実に
ネガティブな物として存在してる、使われてるわけです。

キチガイ病院なんてーのは、当然差別的な意味合いを持つこともあるのですが、
キチガイ病院って存在そのものが当時の「キチガイの少なさ」をあらわしてるわけで。

本来の意味で精神病院と言うのであるなら、確かに精神疾患や生まれ着いての精神障害
なんていうのに対処してるわけですね。

ところが、ですね?
そもそも、精神病院は本当に病気なりなんなりで行けばいいわけでして、日本では
カウンセリングで済むレベルが行くところはない、いやさ、そもそもむかしも今も
精神病院は病人の場所なんですわ。

だからこそカウンセラーだのなんだのがいるわけですよ。


で、キチガイという言葉。

さきにあげたマイティジャックだったら、ヨゼフ・メンゲルつう元ナチスのまんま死の大天使、
ヨーゼフ・メンゲレそのまんまな人がでてくるんですが、MJも、Qもはたまた逃走を手助けする
女性ゲストもみななんか尊敬してしまっております。

ただ、改造された人だけが彼をキチガイだって言うわけなんですな。

ま、改造人間作る以外なにも眼中にないわけですんで、超天才的であってもある意味天災な
そんな存在にたいして言う言葉が「キチガイ」だったりするわけです。

言葉ひとつでもいろんな意味合いがでてくるわけで、このキチガイはまさにそういった
完全に天才故に狂っている、なんていうね、そんな存在への怒りそのままの言葉なんですな。

で、例えばこれを使わないでいれば侮辱にならんのか?
てーとなるわけでして、例えば精神疾患相手にキチガイって言葉を使わないでも侮辱できます。

心が病んでるようですから、普通の事はできませんよね、いえむしろしないでください。

これだけで、十分相手を嬲れるわけでして、まあ、そんなわけです。

ところが言葉がー、表現がーの人たちって何も考えてないわけです。

そこから護るために、メインもサブもアングラも一緒になって同じ事を言う、するって事に
なって行くわけで、さらには政治的に右派に属する事になる。

結局、リベラルってのが今や理想を幻想にしてそれを追うだけの妄想家になってるという、
そんな事を考えますと、当然なのですね。

リベラルがおかしく成ってるという事が、メインとサブ、アングラそんでもってそれらが
保守だの右派だのってのになる理由てことと、そのおかしくなったリベラルが自分たちの望む
理想の世界の形だけを追うからこそ、表現を規制するだけの話になっている、てな感じになのが
今の世の中の常態なんじゃないのか、とそんな話だったりするのでした。


  


2013.08.15 Thursday

究極の善人「ポル・ポト」

JUGEMテーマ:日記・一般

あ、なんか誤解を呼ぶというかタイトルだけで激怒する人がでそうですが、このところのいろんな
番組や資料をみて思ったポル・ポトの印象は、究極の善人、つう事なんですね。


というのは、彼は物事を善悪だけで判断してます。
言ってしまえば黒か白。
その判断の基準もかなり単純化されてると言ってもいいのですが、農民=貧民=披迫害者=弱者なので
たすけなければいけない。
そんで、その弱者を虐げているのは支配者層である、これは悪である。
その悪は、工業や学問をもった人たちである。
したがって工業、学問などを持つものは悪なのである。

てな感じ。

そのため、学問を持つ、知識を持つ人はたとえ医者であっても倒さねばならぬ悪であり、この悪を
倒すことは、究極の善行なのですな。

彼にとって。

ゆえに、彼は知識層、貴族層を徹底的に刈り取りますし、その教育、悪の教育を受けた大人は
全て抹消しなければいけないんです。
悪だから。

悪は消してこそ善のみの世界になるわけです。
んで、弱者には優しくしなければいけない。
加えて悪には厳罰をもって処さなければいけない。

その結果、過去から続くこの悲惨な支配、被支配の世界を変えるには過去の知識をもっている
という存在は全て絶やさねば変わらない、なぜなら悪だから!
という事になって、坊さんまで頃されるわけですな。

宗教は、現在(ポル・ポトが活動し始めた時点での現在)に連なる悪の連鎖の上になりたってる
という事からだそうで。

なので、子は親を殺す、訴える事も善行、正義であるとして子どもたちに教育し、結果的に
農業の知識も医学もなんもない社会を構築してしまった、という事になるんだけれど、これは
ポル・ポトにとっては善行の結実であり、殺された者は悪を改められなかった愚者なので、
善あるいは正義によって処断された事になるんだな。

その結果、ポル・ポトは、農民や若者、所謂社会弱者には、受けが良く、まったりと、というか
幸せな老後と、皆に見守られた平穏な死を迎えているわけでありました。


さて、彼の行為。
国際社会的には比類ない蛮行で有る事は確かなんですが、カンボジアと彼を慕う人には、
比類なき善行なんですね。
悪の連鎖を断ち切ったから。

その点では彼は究極の善行を行なった者としては間違ってはいないんですね。

究極の善行ってな、善悪の二元論で、感情は抜き。
悪事、悪行を働いた者には理由の如何を問わず悪なんですな。
善も当然理由の如何を問わず善。

だから悪を倒す殺人は善行であり、正義の執行なんですね。
そこに命はあまり関係ないんです。


で、この事から伺えるのは、ポル・ポトはアスペルガーあるいはその気質があったのでは?
と言う事になると思うのです。

と言うと、アスペルガーをポル・ポト扱いするのか!と怒る人もいるかもしれませんが、
ポル・ポトがアスペルガーであり、西欧の奴隷的支配の国に生まれた故の虐殺、独裁、
と考えるとなぜ善を求める彼があれを行なったのか、と言う事がなんとなく合点が行く、と言うか
しっくり来るのですね。

アスペルガーって端的に言うとデジタルです。
0か100か。
50とか45とか70は無いんです。
たとえば軽微な悪、ポル・ポトの居た社会では坊さんは歴史をつないできた宗教の一端ですから
悪の一部なんですが、世界の支配とは無関係なんですが、人間の知識性が悪であれば、
その内容に関わらず100で悪なのですね。
中間とかグレーゾーンとかそういう認識がないんです。

しかも感情的な部分は、慮れない。
感情が無いわけじゃないですが、あいまい判断が欠落してしまってると思えばいいです。

その結果、悪である。
宗教は知識である。
知識は悪なのである。
となると知識を捨てよ、となるんですが、宗教は知識であると同時に倫理、モラル、道徳
また、生きるための指針である、という複雑な「智慧」だったりするわけで、知識としては
他のと違う、となるともっと複雑な推察が必要になったりするんですが、彼は一刀両断、
という感じになってるわけでして、この判断は、非常にデジタル。
感情を廃してると言ってしまえばそれまでなんですが、そうだとすると農民やらに優しい
という理由がなりたたないわけでして。

結果的には彼は大量虐殺をするんですが、微塵も恐怖をもってないんですね。
いつか殺されるかもしれない恐怖、を持つのは独裁者の常ですが、それがないそうで。
その点では彼は心の底から、善を行ない、人々は自分を中心とした善と正義の理想郷に居る
と信じてるわけですね。

これもわかりやすい解釈ですが、自分を中心としてる、と思ってないけど自分を中心なんで
ま、あえて自分を中心とした、ってところになります。

アスペルガーであるとしたら、これもなんか納得かなぁ、と。
アスペルガーは共感、感情移入能力が欠如してるとか働いて居ないとか言われますが、
それは同時に自分もひとつの存在であるって判断に近いのですね。

だから、自分は気づいて皆に広めて引っ張った意識はあっても、自分が中心である、
とは最後まで思ってないようです。
農民中心の社会ができたと、善と正義を行なう正しい社会ができたと喜んでただけ
と言うのがあるようです。

しかもアスペルガーかつ、頭の良い人だったからこうなったわけで、もし彼が欧米の
奴隷支配下の国ではなく、別の国に生まれていたら、それこそ満州か中国のどっかで
生まれていたらまた別の結果になり、満州国が残り(満州共和国かもしれん)、チベットや
ウイグルは独立国家として残り、かつ朝鮮半島はひとつにまとまっていた、なんていう
そんな可能性もあったりしたわけですね。

中華民国も存在してたかもしれん。

彼の悲劇は基本善悪二元論のキリスト教国家に留学しちゃったことじゃないでしょうか?



  

2013.06.12 Wednesday

やっぱ、現在の中国の原罪は文化大革命かなぁ

JUGEMテーマ:日記・一般


(ホ ̄^ ̄)「南京大虐殺と天安門事件、どっちが許せない?」 (ホ^ν^)「ぶ、文化大革命かな・・・」 【香港の反応】

菅直人さんは文化大革命絶賛らしいんだけれど、文化大革命は毛沢東が自分の地位を脅かしそう
あるいは、知識や知恵、経験があって、自分の敵になりそうと思った人をぶっ殺してしまった!
というか後に知識や知恵、文化を伝えるべき人を、大量に喪失させたってことで中国の今の
問題を作った原因だと思う。

菅さんが文化大革命を大好きなのは、自分が最高の知恵者で有りたい願望のあらわれかいな?
とか思ってしまうくらいに、毛さんより知者だったりすると粛清した、何てことだそうで。

そんなわけだから、文革以後の中国ってのは衰退の一途といってもいいと思う。
それは企業が発展したとかそういう事や、軍備がすごいとかロケット飛ばせる!とかではなく
文化の根幹を失ってること、なんだと思うのな。

共産主義国家だから宗教だ過去の文化だのはいらぬ!とかいうような勇ましさもあったといっても
そりゃ過言ではないんだけれど、でもそれって民族のアイデンティティを失うっていう、そんな
状態だったりするんだよなぁ、と。

結果的に、人心を荒ませることになるし、国としての中心性を失い、何か敵を作らないといけない
なんてことになって、毛沢東亡き後は日本を敵にする、ってことだからね。

こればかりは流石の角栄も予想せんかっただろう、と思う次第。

もし、このような事態になることが予想できてたら、あまり中国と仲良くはしなかっただろうなぁ、
というか文化大革命をもっと批判してただろうし、毛沢東に忠告してたんじゃないかな?

優秀な人間が集まること、それこそ、有能かつ優秀な指導者でありカリスマ性のある統治者です、って。

それが出来てない時点でというか、まあその頃には時間軸的に余裕がないわけだけれど、
そうなってしまうというのは、やっぱり共産主義ってのは、肥沃な土地には向かない
主義、だったりするのかもしれないね、ということかも。

だって、ロシアの極北からでたようなもんだよ、共産主義。


  

2013.04.27 Saturday

それもまた事実なのです

JUGEMテーマ:日記・一般

中国人「靖国参拝で騒ぐのは中韓だけ…もしかして日本はアジアを欧米列強から開放した英雄なのでは…」

19世紀から20世紀になるまでは覇権主義が世界を席巻してたわけでしてそれに負けた、というか
中華なり!と思ってあぐらかいてた清は工業の力の前にぶっとんだわけですね。

その下の朝鮮半島も当然煽り食らってぶっ飛びます。

で、世界は植民地をもつこと、いわゆる領土拡大の思想の元、突き進むわけです。

でもって、日本はっていうと幸い鎖国のおかげで文化や風習、風俗などなどは
守られたりしたわけですが、工業的な遅れはいかんともしがたし。
なにやかや、で開国、明治、となるわけですが。

工業的な遅れはともかく文化、それこそ数学だの識字率だのなんだのってのでは
西欧の学習基準を超えている面がございまして、日本は危険ってなるのもそれはそれで
早かったわけです。

大体が、東南アジアや中国同様未開の野蛮人扱いされてたわけですから。

なので、日本は富国強兵、すなわち西欧列強と戦えるくらいに武力を持たないと
やってけない、さらに世界での発言権を得るには、戦争に勝たないといけない、
という世界の戦国時代に参加するわけです。

で、まあ日清戦争に勝ち、日露戦争に勝ちということで発言権を得るわけですが
それでも、有色人種差別の壁をぶっ壊すことはできなかったわけですな。

さて、そんなこんなで第一次世界大戦も勝ち組にいた日本ですが相変わらずの
アジアというか有色人種への奴隷支配は続き日本もその中で、奴隷にされそうではある
なんて事もありまして、広がった領土を考えて、戦争やむなしになるわけですよ。

そんな中での大東亜共栄圏ってのは、一つの、いまで言うEUな様相もはいってたわけで
それによって解放された国は独自の武力ももてたわけですな。

もちろん、反発だってあるし、ある見方では侵略者でしょうし、戦争を引き起こした
犯人といわれるのもまた事実。
なんだが、日本がもし、戦争をしないで、平和的にとかやってたら武力や工業力に
モノを言わせて、アメリカは対ソ連戦略を早めて、多分、満州以外の支那大陸部分で
アメリカの傀儡国家を作り、ソ連はソ連でそれに対抗することになるちゅう結局
支那大陸部分での戦争は発生するだろうし、インドはいまだ独立ならずかもしれん
なんて側面はあったりなんだったり。

歴史は勝者の都合によって語られるという事になるんですが勝者連合国はアジアの
解放者である、と言い張るためには、日本が来る前には、奴隷制を強いてたなんていう
その事実はつらいわけですな。

後に、戦争によって武力を見につけた各東南アジア諸国は独立戦争をおこないます。

戦争全てを良い行為というわけにはいかない側面もありますが、日本の戦争を起こした行為
それそのものを、全て悪、ともいえないのが現実と史実、そして歴史なんですな。

そのような側面も考えてさらに突き詰めると、アメリカの介入により支那大陸は
従前の文化全てを失ったともいえる面もあるわけだし、ソ連の共産主義を
受け入れたことにより、人民の大量虐殺がおこなわれたともいえるという、そんな
歴史の多面性を多角的に語る事ができて初めて、歴史認識を共通するとかいう事が
いえるわけだが、ほっときゃ西欧列強の経済植民地化されそうだった日本っていう
側面を語る事をかたくなにさせないのは日本のマスコミなのである。


ま、一番戦争に乗り気というか軍部だ軍閥だが戦争に傾く前に世論を戦争に
誘導したっていう問題も持っているからな。
そこ突っ込まれたくないんだろうなぁ……


  

2012.04.30 Monday

橋下さんをヒトラーに擬えたり、ハシズムとか騒いでる人みるにつけ

JUGEMテーマ:日記・一般


すくなくともこれくらいのもんは見て、騒いでいるのかなぁ?
なんて思う次第です。

【ナチス】アドルフ・ヒトラーってこんな人。壮絶な生き様のまとめ(動画あり) : ネタマシン(Neta Machine)

ていうか、ヒトラーの所業をちゃんと調べれば、別に橋下さんと愉快な仲間に共通点が無いことに
気づくと思いますし、ヒトラーのやり方自体、橋下さんと相容れないもんだと思うんですよ。

前に書いたようにどちらかというと共産主義革命の指導者、すなわち革命家のやり方に近いわけですし
そのために作られる悪人ってのが、企業であったり役人であったりという、言ってしまえばわかりやすい
支配者、被支配者構造なわけですから。

転じて、ヒトラーはっていうと、まず自身が国と民族への誇りを持て、と鼓舞し最初は変なおっさん扱いから
だんだん、一つ一つ実行していき最後にはヒトラーならやってくれる!
という実際の評価へとつながる手法をもっていくわけですよ。

で、段階の中で敵を想定していくわけですけれど、ちゃんと決めていて、漠然とした支配者批判でなく、
明確な敵としての政党であったり主義であったりと言うことをするわけですね。

だから役人や役所のもんであっても敵ではなくともに戦う仲間である、ということで変なというか
橋下さんがもつような対決姿勢は示さないわけですよ。

そこからだんだん自分の支持者やSS、HJなんかを使っていくことになりますけれど、それでも
妙な支配者敵視を作らない、さらに外国への融和政策と強硬政策などを織り交ぜることがあるわけで
言ってしまえば橋下さんより非常に柔軟だし、戦争というか戦局が悪化するまで、というかあれも
寝ないで指示を出し続けるために薬の乱用が始まるまでといったほうがいいのか、それが起こるまでは
結構まともな政治家だったりするのだそうな。

其の点を考えると、橋下さんはヒトラーというよりスターリンや毛沢東に擬えたほうが正しいのじゃないか?
なんて思う次第だったりします。

  

続きを読む >>
2012.03.18 Sunday

目の見えない人も気の毒だと思うが

JUGEMテーマ:日記・一般

アレルギーというのもなかなかに難しい問題だから、一概にこの店を責められないだろう
と思ってしまうのさ。

視覚障害者が飲食店に盲導犬を連れて入ろうとするもアレルギーを理由に拒否される ⇒ 「拡散希望!」

スレにもあるように、毛に反応する人もいるし、中には皮膚老廃物のたんぱく質にも反応する人も
でてくるかもしれないってことを考えると、店は不特定多数相手にするぶん、この拒否の方法も、
あながち間違いではないといわざるを得ないわけで、なにより問題は法によって処罰されるのが、
いつもメーカーか店ってことになるんだよな。

で、この時点でアレルギーの人がいなかったとしても、その後に来るかもしれない。
また自分がアレルギーを持っているということを知らない人もいるかもしれないっていうことを
考えると、拒否られたからといってこの騒ぎはちょっと、と思う。

なにせ、店は不特定多数の健康に対処しないといけないわけだし、問題があればなんだっけ?
製造責任者何たら法じゃないけれど、店舗の責任だけが追求されるわけで、こうなると店としては
リスクは最小限に避けたいところだなー、と。


また同時に、犬を極端に怖がる人もいるかもしれない、ということも考えないといけない。
これはもう、感情の部分なんで理屈ではどうでもいいんだよな。

さらに障害をもったつか発達障害をもった関係の子では、犬とか猫とか小動物を極度に恐れる子とか
いるわけですからねえ。

目の見えないって障害は気の毒に思うが、だからと言って全てにおいてその障害に対する
フォローが可能ってわけでもないことは理解しないといけないのじゃないだろうか?


つうかな。


健常者だって、入店拒否されることあるんだし、これらはべつに障害をもってただの、
盲導犬だからだの理解がないだのの話じゃないと思うんだ。


店だけにメーカーだけに責任を押し付けるような法律を改善しない限りは店は最小限の
フォローしかできませんよ、ってことと。

これは盲人に限ったことじゃないけれど、障害がある、問題があるからって優遇、優先されるわけではない
または、配慮してもらって当たり前じゃない、ってことを理解しないといけないと思う。

世の中そんなに都合よくできてないんだよなぁ、と言う話だったりするのです。

2012.03.10 Saturday

ということで、そろそろオープンな情報らしいのでSBSの取材の話

JUGEMテーマ:日記・一般

前に書いたけれどネット右翼としての取材の話。
せと弘幸BLOG『日本よ何処へ』:韓国テレビ局がネット右翼を批判


そもそも根幹がものすごい誤解をしてるのですよね。
まずネット右翼というのが、大組織でその指揮官と上位組織が在特会、みたいな?
そしてどこからかの資金源があって、それでネットでの活動をするのだから、ニートや
引きこもりが多いのであろう、ということとリアルワールドに出てくるのはその資金源が
そういう活動をしろという指示をだしたからであろう?

という大体の想定。

なにそれ?うちらショッカー?ミュージアム
資金源って財団Xかなんか??
じゃなに、ネット右翼とかいってデモしてるのはドーパントですかこのやろー!

みたいな状態なのですけれどもね。

そもそもネット右翼という言葉を作ったのは朝日新聞だし、その言葉が出たころは
うちも朝日とってたので、コラムに出てたことは知ってるけれどさ。

大体、過激なというか今までの価値観に対して疑問をもちってところを理解してる
のはまあ、コラム書いた人の良識の部分だとそのためにこれまの状態や自分の
現状を社会の所為にして不満をぶつけ右傾化したってもってきかただったんだよな。

いや、書いてる人最初からいわゆる保守とか愛国心のある人だったよ?

さらに、ネット右翼という言葉を広めることで、自分らの言っている主張への
反論や異論に対して信用をなくさせようとしてニート、引きこもり設定がでて
ネット内でしか活動しないネット右翼=口だけの軟弱モノとしてきたはずが
デモだのなんだの…

で、右傾化がこわいとか騒いでいたわけですが、これにNYタイムスが
ネオナチと同義みたいにしちゃったもんだから韓国では恐怖と同時にどうやれば
倒せるかを考察してるみたいななんだかなぁ。
な状態もあるもよう。


ただねえ。

そもそも、ネット右翼は言葉上のカテゴリで、組織の名前じゃないですね。
だから、集まることもあれば、集まらないこともある。
それこそ、いろんな人たちが集まるわけで、福祉関係だったり(私も一応そういう系列)
クリエイター系列であったり(私も一応略)、会社員、主婦、社長などなどの
そうそうたる人数になるものだという理屈がわからない。

大体前提が違うわけで、ネオナチのような組織化された排他主義的な存在と
一緒にされても困るのだよな。

また、同時に組織でない以上、どっかに資金源があるわけではなくって
みな手弁当だったりするわけですよ。
そして手弁当で参加する以上、普通の人たちが参加しやすい状況になって
フジのデモではこれまでの保守活動の勢力より普段そんなのと無縁と
感じてたような人たちの数が圧倒的に多かったわけで、言ってしまえば
これまでの反戦デモ同様の市民活動、市民運動の一種だったりする、と
理解しないといけないわけですよね。

単純に自分の国が好きってだけの話だし。


だから、聞かれて困るのはそういう人たちが天皇制を維持したいと
思っているのかという話なんですよね。
そもそも、天皇制って言葉自体がGHQが天皇陛下を利用しよう、という
そういう思惑で作った言葉とか言われてますし、もし今の日本が
天皇制なら、イギリスは女王制になってしまうという事もあるわけです。

余計に混乱するような造語を作られてこまりますが、日本は普通に
立憲君主制の流れだと思いますし、過去も今もそれです。

ただ、一部教師は戦前の日本は専制君主国家だといってるようですが
銀河英雄伝説をみてもわかると思いますが、専制君主国家だと、
議会が存在しねえんだよな。

議会があった時点で、違う。

あえて言うなら江戸時代かもしれないが、それとて専制君主制というには
政治とか決めるのは各々の役職や部署、などあったわけですからねえ。

変形の立憲君主制とも言えるし、専制君主制ともいえる。
ただ、将軍以下の幕府の体制は議会とも言えなくもないわけだし、
将軍に権力が集中してるかといえば、一部ではそうでないし、ということで
西洋のパターンに当てはめようとするとわからなくなるのじゃないかな。

なので、一応日本人なら天皇陛下が好きな人は多いと思うがでは、
天皇陛下ばんざーい!と叫ぶかというとそういう人だけではない、という
その事実も大事でござんす。

結果的には一般人なので、暴力による排外主義なんてのは無縁な人が
多いと思うわけなのですよ。


また、キム・テヒの問題にしても、これが在特会の主導で行われたわけじゃない
というのが恐ろしいところですな。
別に僕は恐ろしくないんだけれど、そりゃたしかに在特も絡んでるとおもうよ。
けど主導ではなく、あれこれ不満や疑問、怒りを感じた人が率先して動いたに
過ぎないわけで、このことに関して言えば、在特会は完全に後追いだった
と思ったりする次第です。

でもそれもわからないというか想定の外だったようですので、桜井さんが
指示をだしてたのではとか言う話がでるんですよね。

もちろん、在特会に聞けば、在特会が主導という事をいうかもしれないし
そうしないと、危ないこともあるかもしれないわけですけれどもね。

ただ、フジに関しても韓流に対してもデモが起こったのはフジのごり押しで
ポニーキャニオンが権利をもってるところを主体にするためか、ニュースで
流すだの、関係ないところでいきなり勧告ageだの連続してやられて、さらに
他をけなすようなことを言い出すとなると、そりゃ嫌われるよね、と。

完全にマーケティングと売り方のミスで、いっちまえば自業自得ですよ、と。
そんなことになると思うのです。

で、件の歴史認識だなんだ。

私が朝鮮併合の歴史のときにエキサイトする教師がいたとか言う話を
してたら、驚いてた。

いや、普通に習うから。
小学校とか習うから。(小さい内容でも聞かされるから)

ほかにアヘン戦争とかか。
これも習ってない、教えてないと思われてるようで、なんだかなぁ、と。


どこまでちゃんと放送されるかわからんよ?
超編集される可能性でかいよ?
なんかショッカー怪人かドーパント扱いの僕がいるかもしれないよ?

なんだけれど、ほんとうになんというか相手国つうか他国に対して無知すぎ?
と思わないでもない状況。

軍政権から民主国家になったけれど、それでもしばらく軍事政府の人らが
要職に就くことしてた話だってしってるよ、と言う話をしたら、やっぱ
なんか微妙な顔してたな。
普通にいろいろしっているし、私が一応韓国のドラマだって衛星のでは
見るという話をしても驚いていた。

いや、衛星のは面白いのあるし。

ていうかフジのドラマがはずればっかのように思うんだよな。

だから見ない。

毎度同じべたべたの恋愛メロドラマ見せられるのうざいしー。

そういう感じがあっても、流行を理解できないダサいやつ扱いしたら、そりゃね。
反感を普通の人だってもつわ!


なんだけれど。


やっぱ、財団Xから資金があって、ミュージアムやらなにやらが動いている
みたいなわかりやすい流れがほしいんだろうな。

どこの国もこういうわかりやすい図式にしたがるのか、それともマスコミの
わるーい癖か。


まあ、マスコミだろうなぁ。
どこ国も、テレビの人は下っ端が苦労することだけは理解したぜw

ていうか、ネット右翼本流と自称してる人がいるここにいきゃいいのにな!