Un Ordinary Days

普通じゃない、言ってしまえば普通以下

<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2018.04.25 Wednesday

セクハラは、加害者だけではなく被害を知っても対処しなければ責任が発生する

JUGEMテーマ:日記・一般



つまり、対処しない会社や上司もまた、セクハラ加害者という事になるのは労働法やら労働に
関わる法律を少しでも知っていれば少なからず理解してるはず、なんですね。

なのですが、テレビ朝日はどうやらその事をまるで考えてなかった模様。

【マスゴミ終了】自称”セクハラ被害者”のテレ朝女性社員、セクハラ対処法をほとんどやっていなかった。一方、被害を1年以上隠していたテレビ朝日への疑惑が深まる事態にwwwwwwwwwwwww

この記事のレス1に書かれてることは、厚生労働省の出先機関や労基署、ハローワーク等で
セクハラ対策の為の冊子にかかれてもいたりします。
このセクハラの問題は大小問わず企業の意識の改革に必要とされてる訳ですから、国も政府も
政権もそれなりに力を入れてる事実はあるのですね。

だから、これが省庁の官僚とマスコミの間で起こったセクハラ問題ならば相応が全力で対処
という必要があるのですが、テレビ朝日はその対処を怠ったという事になります。

となると、望月衣塑子が言ったマスコミは未だ男性社会で女を武器に取材しろと言われるのが
日常茶飯事的な話の信頼度が上がってしまうわけですよね。
イソコさん、もしかしたら女だからヒステリックにかみつけ!とか言われてた?
くらいにはイソコさんに同情しかねない話かもしれないですし。

また、先に言いましたように、省庁もセクハラ対策には現在熱心です。
セクハラするような、窓口スタッフなんてのも排除されつつあるんですよね。

だから、財務省もこういう強い対応をする訳ですが、テレ朝が及び腰。

テレ朝、セクハラ報道から撤退www 財務省「話をちゃんと聞かせてもらおうか。ハッキリさせよう」⇒ テレ朝「それ以上踏み込まれるとちょっと???すみません???」

財務省の福田事務次官から女性社員がセクハラ行為を受けたとして、抗議文を提出した
テレビ朝日に対し財務省が回答した。

テレビ朝日は19日、女性社員が福田事務次官からセクハラ行為を受けたとして厳重に
抗議し、徹底的な調査を求める抗議文を提出した。これを受け財務省は「抗議をしっかり
受け止めております。貴社にもご納得いただけるやり方で、お話をきちんと伺わせて
いただきたい」とする回答を文書で送った。

これについてテレビ朝日は「今後慎重に検討してまいります」とのコメントを発表した。
http://www.news24.jp/articles/2018/04/20/06391061.html


あれだけ我が社の記者が被害を受けたと言うのであれば、財務省がお話をきちんと伺わせていただきたい
と言ったなら、一も二もなく協力します!とならないとおかしい訳ですし、そういう対応が出来るかのように
記者会見をしてることで印象づいてるんですが、財務省に対して慎重に検討するという返答は、今後は
協力はしない情報は出さないと言う結果もあり得るのですよね。

セクハラの撲滅のため、財務省と協力して問題の解決、原因の究明と排除を行いますと言わないと
テレ朝のハニートラップ疑惑は消えないという事になります。

何かあるんじゃないか?と疑われること、さらには望月衣塑子発言のことも考えないといけない
そんな重要な立場にありながら、及び腰とは、セクハラ体質は財務省ではなくテレビ朝日?と
考える必要もあるってことなのですよね。

或はデータの改竄をしているのではないか、と。

散々様々な追求をして文書改竄だ責任がー!とやってきたのにここで引くのは愚策以外の何物でもないし
引くようなことがあったとすると、財務省が濡れ衣を着せやがってと復讐する可能性もある。
場合によっては裁判沙汰も考慮されるのですから、テレ朝と距離をとる他局もでるかもしれない、と言う
そんな状態でしょうか?

このセクハラでどうの、が実はハニトラでどうの、だった場合には放送法4条の撤廃ってのが
推進できる鍵になるかもしれませんし(政治的にも中立でも公平でもない可能性が高まるから)、
今後の展開次第では、テレビ朝日の所為で放送法4条が消えたなんて話になるのかもしれません。

まあ、どちらに転んでも、色々変革するでしょう。

そういう意味では、安倍総理の言う戦後レジュームからの脱却は進んでいる、なんてことなのかもしれない
なんてことなのかもしれません。


  

2018.03.20 Tuesday

まあね、野党の狂気っぷりを見ちゃうとこういう意見がでるでしょう

JUGEMテーマ:日記・一般



真面目にテレビが生き残る、と言うか地上波存続を考えたらこれらの行動を取らないと
地上波の既存テレビ局が消える事になるかもしれんからね。

「ワイドナショー」で『辻元清美が嘲笑の的になる』凄まじい光景が爆誕。出演者からツッコミを喰らいまくり

事案の発生もないのに調べなかった内閣が悪い、1年前に調べろと言い出す福島みずほさんとか
いろいろと、アレな感じの方々が目立ってくると野党の存続そのものが危ういと言うのはあるし
何より、必至で森友や加計を問題にしよとしたテレビキー局の存在意義が薄れる。

特に今回の文書の件では、最終的には文書の書き換え=訂正がおこなわれていたと言う事には
なりますれど、この書き換えは結構、普通に行われるレベルのこと。
だから、ヘタな叩き方に持っていこうとした朝日新聞を毎日新聞が諌める場面まで出てくるなど
かなり混乱しているのですね。

で、しかも総理の関与すらでっち上げられなかった。
関係してたらやめると言ったとまで捏造しても、まるで効果ない。
ジリ貧の野党を助けるメディアと見られたらやばいのでバランス感覚ありますよアピールかもしれない
なんてことはあれど、それでも必至の生き残り戦術なのかもしれません。

しかし、まあ、正直言って、学級会以下の事をやらかそうとする辻元清美を議員として存在させる
という事の方が国家の損失なんじゃないですかね?
民主党政権の閣僚だかなんだかの時期に、あの土地の値が下がる様にしたなんて話しもでてますし。

何より、関係していた関西生コン某の捜査があるんですよね。

之だって、森友を引っ掻き回した結果、自分の関係する所が出てきちゃったからのようなもんで
こうなると、数日無いに野党を批判する記事が大手からでてくるんじゃないでしょうか?

明確な証拠もなく騒ぎ立て、事実を有耶無耶にすることにしてしまった罪!とか言って。

そうすることで安倍政権の疑惑は残せますし、野党に与したマスコミと言う印象も避けられる
と考える事はできます。

ただ。

最初にスクープだ!と騒いだのは朝日新聞なのですよね。
しかも、別々の文書を改竄だ!と騒いだ訳でして、そこを毎日は批判してます。

実際、訂正文書はでてきましたが(改竄と言うほどにはまだ行ってない)、それすらも
合法の範疇と言う説もあり、共産党の小池さんが合法でもアウトだ!とか叫んだとか??

だとすると野党の信頼が薄れるのは当然かなぁ、と思えるし若者が安倍支持なのは
変化が起こらないと思いますし、若者が起こる事で老人も自民党に入れるてのが
起こりうるだけの話しなんじゃないでしょうか?

なにせ、若者の収入が無くなれば、年金、やばくなるんですよねー。


とは言え。
今回は財務省の大チョンボ。
つまり、財務省がこういう事を繰り返すから増税になるんだ論がでてきたら、消費税増税を
止める事を提言できる政党が支持率を上げるって事になるのはあると思います。

民進、立憲、希望は過去の事があるから反対しないでしょうけれど、共産党はこの機に乗じて
消費税増税廃止を言わないと結局は財務省と戦う気のない政党と評価されるだけの話しでは?
とおもう次第です。

安倍政権叩いても消費税増税止まらないですからね。
むしろ、政権交代で増税という過去を思い出してほしいレベルです。
震災の復興増税ではなかったことも同時に思い出してほしいですね。
菅政権では子ども手当の財源不足等を理由の増税でだしてきたんですからw


  
奈良のMK運輸の時だけで

2018.03.13 Tuesday

攻めるタイミングと場所を間違えてばっかだから…

JUGEMテーマ:ニュース



あ、さて森友だのなんだのですが。

結局、NHKでの全文掲載を見てみますと、というかまだ全部読んでないんですが大体の感じでは
籠池さんのナチュラルボーン詐欺師な感じというかどっかサイコパス然とした発達障害的な事、
とかが目立つ感じがします次第です。


森友文書全文公開キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! 籠池に関するヤバイ情報が公に晒されて籠池と野党パニックwwwwww

朝日新聞だの菅野某さんだの野党(旧民主党勢力と言うべきか)だのが結局彼の言葉に踊らされて
ちゃんとした調査をしない、証拠や証言を集めないということをした結果の大失態へ転化と言う、
その繰り返しの感じなんですよね。

菅野さんが内閣を4つぶっ飛ばすだのなんだの言えば、野党が崩壊するし。
安倍憎しで結構情勢を読めない、戦局を見ないって感じです。

んで、それらが露呈しているから事実はともあれ、大したことじゃないし安倍でいいやてのが
結構、まだまだ多いというか今後さらに増えるのではないでしょうか?

現実に、戦術も作戦もどうにも成らない人らを信頼するほど、まだまだ民主党3年3ヶ月の
悪夢の政治と言われた時代を忘れるには時間が経ってないって事なのですよね。

だからこそ、政策だの証拠だの信頼できる事実に基づいた証言だのをしないといけないし
真摯な態度を演出しないといけない時期なのにクイズ王小西さんのあのチンピラ然とした
反感だけは買う態度とかね。

勝ち目ないじゃん、と言うのは恐らく素人目にも判ると思う状況です。

しかも新聞も事実に基づいて報道すりゃいいのに朝日の飛ばしや虚報が目立つとなりゃあ
そりゃ毎日だって慎重姿勢での対応にならあな。

結果的には、NHKの全文掲載でさらに詐欺師に踊らされた反安倍界隈と言うだけの話になりつつあり
これじゃあ、今後野党の言うことにたとえ事実があったとしてもまず眉に唾つけられちゃうよね
なんて感じなのですよね。


そして、安倍は改竄するなと騷ぐSEALDs再びだそうですけれど、今回は意気消沈傾向でw
この状況で、乗る人はおらんだろうなぁ、と。

となると解決はどうするのか謎ですが、この意見?

【森友・書き換え】元大蔵官僚・高橋洋一氏「Z解体、消費増税なしという責任のとりかたがよろしい」

これを、まずは野党が出せなかった時点で、国民の信頼がでないですが与党がこの流れを見せたら
恐らく、国民の支持は強くなるのは必至。
消費税増税だけではなく財務省の怠慢からの税制の問題を全部解決とかの流れを作り出したら、
安倍安泰なんですよね。

流石にそこまでやれるだけの力はないでしょうし、そこまで財務省や官僚が黙っているとも
思えないですけれど、でもねえ。


【超速報】『連帯ユニオン関西生コン支部』に強制捜査! 一部野党に激震


こんな話まで出てきたなら、正直行くところまで行くのじゃないか?なんてのもあって
関西の利権、癒着の構造があからさまになりそうです。

やばいのは実は辻元さんなんじゃあ……。


  

2018.03.08 Thursday

そりゃあ、八代弁護士は慎重論をぶつよね

JUGEMテーマ:ニュース



八代弁護士「森友文書問題に踊りたくない。朝日は文書を確認したと言っただけ。立証責任は朝日にある」

朝日新聞が文書を確認したと言ったということは文書を朝日新聞は手に入れたわけですから
報道機関、すなわちジャーナリストとしてそれを立証することで社会正義を行使し安倍政権に
問題があるならそれを糾弾出来るわけです。

ところが、財務書が勝手にやった事ならば処断されるのは単にそれをした役人であり
叩かれるべきは財務省って事になるだけの話なのですよね。
事実、民主党政権時代にも文書書き換えがあったりしても役人の処分で済んだとかなんだとかw

ですから、証拠を出す、事実を証明することを朝日新聞がしなければ乗る訳にはいかない
と言うのが現状なのでしょうな。

実際のところなんかこんなですしね。

【捏造確定か】アホの朝日新聞、『全く別の決裁文書』を比較し「書き換えられた」と報じた可能性wwwwwwwww

こうなると朝日新聞は架空の記事なんか書いたことはないなんて言ってたテレビメディアも
調べないで記事を書いた結果、架空の記事になったと言う事を認め朝日新聞を問い詰めないと
行けないのですが、いかんせんマスコミ勢力は自分達の不始末はなかったことにするもしくは
静かにフェードアウトで誤魔化すのが常日頃の行いです。
それをしたからこその、信頼性の喪失だと言うことを気づかずにまた同じことをするとなると
もう、既存のメディアを信頼する人は居なくなるのじゃないか?
なんて他人事ながら心配してあげてしまう訳ですが、まあ、いわゆる精神勝利で現実逃避、と
いつものパターンをやるだけなのでしょう。


ただ、今回はどうなるかわかりません。

財務省提出の原本コピー 全く改ざんが無かったことに野党激怒 「こんなもの納得できない」と審議拒否

なかったことにするための審議拒否なんて感じですけれども、原本の複製が提出されても
認められずに騒ぐだけとなった場合には、野党の存続が危ういですからね。
同じ仲間の筈がこうなると同じ勢力の中の敵として叩かないといけない状態になったので
叩くか叩かないかで意見が割れると思うのですよ。

朝日新聞の飛ばし記事あるいはガセネタを信じて国会を停滞させた、つまり税金を無駄にした
ということが野党の印象として定着してしまっては、もはや万に一つの起死回生のチャンスも
巡ってこない事は、いくら野党の人が馬鹿みたいな状態だとしても気づくでしょう。

朝日新聞が確認した記事をもってこい!をできるか、朝日新聞を証人喚問するかしないと
既存野党は存続は不可能に近くなりますし、毎回騒いで疑惑が!疑惑が!!と騒いでも
いつもマスコミと野党が疑っているだけの状態と一般大衆に認識されたらたとえ本当のことを
今後見つけられても、誰も信頼しないでしょう。

現に、今どんなに森友だ加計だと騒いでも民衆が反安倍内閣に傾倒しないのがその良い例です。

結果、野党とマスコミは自分達で自分達にトドメを刺したと言う話になるかもしれませんが
国民の信頼を勝ち得るには、まずは内部の問題を統括しないと駄目なのではないか?
なんて話なのですよねえ。


  

2018.02.21 Wednesday

実のところ、杉田発言って現在起こっている問題を指摘している 12 それでも問題は指摘されないといけない

JUGEMテーマ:日記・一般



さて、とりあえずの杉田発言からのこの話も一旦はここで幕引きです。
その幕引きの内容は、問題は指摘されないといけない、って事を言わないといけないのですね。
 
この問題で、批判したり怒りを顕にしている人に結構な人数で過去にそういう子供だったあるいは子育てで過去に苦労した、と言う人がいます。
勿論それは、その人達の過去を否定されたかのような憤りと言うのはあると思いますし、どれだけの苦労があるのか!知らないだろう!!と言う怒りもあると思います。
 
当然ですが、それらの感情的な怒りは理解できない訳ではないのですがそれを今の時代での発言に対して言ってしまうのは非常に危うい行為、と言う事はあるのですね。
何故かと言えば、当然ですが過去と現在は条件が違うのです。
だから、預けたいのは親の都合であって当然の問題でありますし、待機児童ではなく待機保護者なのですね。
 
なぜ、待機保護者かと言えば、実際には預ける場所や方法、育児に関する環境は過去よりもよくなっている面はあります。
前に言いましたように、地域で子育てを援助するための認定こども園や、役所の提供する託児、保育のシステム等は結構存在していますし、可及的速やかに援助や支援、教育の補助を必要な人程、その利用が優先される環境や仕組みも整っているのは事実なのですね。
 
しかし、モンスターペアレントの問題や、子供をアクセサリー化するあるいはトロフィーの如く自分を引き立たせる、あるいは輝かせる道具として扱う人や、楽をするズルをするための免罪符として利用する(悪用する)人の増加は其の問題に気をつけている人達以外にすれば予想を超えたひどい惨事と言えなくもないのですね。
 
だからこそ、杉田水脈の待機児童はいない、待機保護者だという旨の発言や預けたいのは親の都合と言う事に対して自身の過去に照らし合わせての批判や抗議はある意味では子育て環境破壊の手助けにほかならないと言う事になるんですね。
 
では言い方を変えるべきだと言う批判もあると思いますが、すでに述べた様にモンスターペアレントやクレーマーファミリーと言うような表現はマスコミや人権派、人道主義を名乗る人達が反対勢力を叩く為に、差別を広げるだの偏見を生むなどと言って、使わせないようにしているのはありますし、実際にすでに家庭の事情で預けたい人達の権利を侵害しているくらいのモンスターペアレントを野放しにしてしまっているのは事実なのですね。
 
だからこそ、問題はちゃんと指摘しなければいけません。
 
杉田水脈の言い方が気に入らない、言葉遊びだと批判する人達は実際にこの2010年代になってからの子育て環境、育児、保育、教育の環境や状況の破壊っぷりを知らないといえると思いますし、家庭の問題と親(個人)の都合を混同させて声高に叫び立てるだけのモンスターを放置している、というかさせているいわゆる人権派の方々や女性の権利だ子供の権利だと叫び野放図にさせるだけの人達の起こす問題を、無視していると言う状態ではあるのですね。
 
なので、抗議すべきはその様な発言を誘発するモンスターペアレントやクレーマーな家族を相手にしなければいけない事実です。
確かに、傍から見れば杉田発言は子育てをするひと達の苦労を無視しているかのように思えますが、行政だ政治だのか変わる人は言葉を自由に使えないのです。
気の触れたような我儘な親、なんて事を言おうものならマスコミがこれ幸いと袋叩きにするでしょうし、それらの問題に対して言葉は悪いが現実の問題として考える必要があるなんて言おう物なら自殺にまで追い込まれかねないマスコミのショーアップされた動きをなんとかしない限り、なんとも言えないのはあるのですね。
 
だからこそ、怒りをぶつけるならば現状を見なければいけません。
何度も言いますが過去と現在は状況が違います。
過去の人達が過去の事例を基に現在の問題を指摘するひとに対して怒りをぶつければ当然その声を利用して悪用するヒトはいますし、それによって正常に動いていたあるいは動かそうとしている仕組みをぶっ壊してしまいます。
 
良い例は老人介護問題ですね。
一部の我儘な介護家族(主に自分の両親の介護をしたくない子供達)の言葉を批判したことで過去に苦労した人達がそれに怒りをぶつける事で、老人介護の為の仕組みを新たに構築しそこね、税金をばらまくような形になり、結果金儲けのために利用(悪用)されて、利用している老人の虐待や施設のいい加減な状態の所為で火災等での死亡事故等多数の問題があるのですね。
 
それらの流れの中で老人介護職は、低賃金による過重労働という問題を抱えるし施設の数は足りなくなるなどがありました。
同様に障害者福祉でも同じ様に口だけで騒ぎ、何かをやらかせば立派なことをやったと思い込むヒト達が状況を悪化させた問題があります。
そして現在は、待機児童という言葉を錦の御旗に子育てに関する仕組みをぶち壊してしまったヒト達が行政の不備を叩く訳ですからどうにもならないといえる状態ではあるのです。
 
そして言葉は狩られてマトモな物言いはできない。
杉田水脈がマトモに考えて言ったかどうかは別として、子育てや福祉、教育に携わる人達から見れば、それは普通に言うべき言葉、なのですね。
 
とは言え、その考えが100%正しいというものでもありません。
これらの問題は感情的になった世論を利用してこれまでも行われたように一部に利益や利権を流す為の動きと同じような事が起こる可能性はありますから感情的になった人を諌めるのも、福祉や教育、子育てや療育等に関わる人間がその人達を諌めないといけない現実も存在します。
 
学校の先生は、これらの言葉狩りや自由だ権利だ人権だという言葉を振り回す人に翻弄されマトモに働けない状態もありますし、保育や育児、託児等の関係者は我儘な親の横暴やリスクに振り回され疲弊させられ辞めていく現実もあるのです。
そして、子供を預ける場所がないと騒ぐ状態も生まれるのです。
 
世の中には言葉だけで言うには難しい問題がありますが、それを表面だけで受け取って実態を見ないことで起こる問題が無数に在る事は意外と賢明な人でも見落としてしまいます。
過去の経験や自分の体験したことがベースである以上、感情的になるなとも言えないのですが、しかしその感情の爆発を利用して、社会の仕組みや行政の改善等、様々な事を破壊されてきた現実を見ると、やはり冷静に事を言わない、言えない状態では事態を悪化させるだけだと言う危惧はあるのですね。
 
だからこそ問題はちゃんとその問題部分を指摘していかないといけませんし、その事の本質に迫っていかないとよりひどい状態になる、と言うのは多くの日本人が経験していると思うのです。


と、言う事で一先ずは幕と言う事で一つ。