Un Ordinary Days

普通じゃない、言ってしまえば普通以下

<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< そうは言っても、これが民主主義なんだよなぁ。 | TOP | さてさて、福祉を壊すのはやはり非自民なのか? >>

2019.11.19 Tuesday

ええ、まあ所謂左派リベラル系の人達のいる業界でも野党とマスコミは馬鹿だって言われてるし

JUGEMテーマ:日記・一般



もうね、重箱の隅を突く様なことしかできない上に、結果的には一般市民を苦しめる事になる
という行動しかできない時点で、バカじゃないか、と言われてます。

辛坊治郎「野党の人たちはバカなんじゃないかと多くの人は思います」

正直あの手の園遊会は民主党政権でもやってたし小沢さんが、支持者強化するからリスト出せ!!
って言ったことも出てきている。
加えていうなら、野党も与党も税金でそういう事やってんですよ。

なのに重箱の隅を突くような事しかしない上に、重箱を壊して国民の生活をだめにしかねない、
なんて状態ですからね。

例えば、飲食業が苦しいってのも野党やマスコミが企業叩きして、接待や忘年会で会社に
金を使わせない風潮作ったからじゃん?
そういう所で、企業が他の業種に金を流す事で資本の流れってできるわけじゃん。

これは自由資本主義でも共産主義でも同様で、どこかに資本あるいは財産が集中する事で格差や
経済の悪化を生むからそれを避ける為の慣習が日本にあったという事になる分けですよね。

自由資本主義なら会社や金持ちのパーティや雇用者への給与以外での還元などでね。
これにより飲食業だったり輸送業だったりが潤う。

また、共産主義なら労働者への還元を配給や通常の給与以外でのサービスで還元する事で、
資本の停滞を抑える事ができる、というようなもの。

勿論、自由資本経済と共産主義経済だと資本の基礎体力に差が出るという話もあるけれど
それは体力というよりメタボか痩せ型か、という感じの様なもん。
共産主義ではギリギリ体力だけど、自由資本経済なら太れる人は太れるだけ太れるっていうね。

ただし、このどちらも失敗したのは共産主義はそれこそリーダークラスが欲を抑えられなかったら
下層になればなるほど分配が不平等になる。
資本を抑えて私腹を肥やす「不正」てのは自由経済より共産主義経済の方がやりやすいってだけで
それにハマる人がでてくるわけで。

だから、共産主義は80年代にほとんど滅んだ。
そもそも、全ての平等ができない時点で共産主義は人類には早すぎたわけですよ。

じゃ、自由資本経済なら人類にまだ扱えるのかって話。

これも無理だよね。
なにしろ、アメリカをみれば判るけど、ほんの一握りが70%の富を握ってる状態だそうで。
これは金持ちが金を放出しない状態なもんだから格差が広がると同時に大金持ちが金を放出しても
追いつかない程の、経済格差なんだそうです。

反面、日本はほぼ中間層(中流じゃないけどね)が多いから経済格差はそれほどでもない訳です。


で、そういう事を改善できるのは政府が金を使うって事だけど外債も多いような場合には
それもできない。
日本は内債だから可能と言えば可能だけど、緊縮財政で税金だけ取られると個人も企業も
金が回ってこないので、経済は鈍る。
それを抑えるためには金を使って利益になる場を設けないといけないんですよね。

これが公共事業だったりするし、資本の民間への投入となる財政の出動だったりする訳です。

となると数百万でも金が動くことをしている政府は見方によっては良い政府。
その金の動きを抑えようと、国民を貧乏にしようとする官僚や野党やマスコミは悪い奴らっていう
単純な図式での理解でも正解に近い答えってなってしまいます。

政治家をやって社会を語るなら、このくらいは気付いてないともういい加減に市民や国民の
支持を得るのは難しいてのは、真面目に政治を考えていると判る範疇なんですけどね。

  

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。

トラックバック