Un Ordinary Days

普通じゃない、言ってしまえば普通以下

<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< いやまあ、どうも米軍激おこな感じなんですよねえ。 | TOP | 左道を征く者ほど >>

2018.12.28 Friday

なんとも凄まじい状態だな

JUGEMテーマ:日記・一般



よく、鳩山政権が2年以上続いた場合の日本の例とか言われる文在寅大統領ですけれど
どうもそういう感じ?
鳩山2年菅直人2年だとこうかもしれませんね。

韓国の大卒の3分の1は無職!? どうしてそんなに失業率が高いの?

失業率の高さってのは、景気の一つの指標なんですけれどもこの場合は回復あるいは
少なくとも仕事を得る事が可能って状態を完全に壊した結果、なんですね。
つまりは、最低賃金だけあげて企業に対してフォローが無い件、と言う事になります。

企業へのフォローってのは左派、左翼と言われる界隈では悪とされていますけれども
場合によっては企業が目標を達成出来る様にフォローするのも必要なんですね。
その時の手順を間違えると、景気は悪化するんですけれど例えば企業減税とペアで
と言う事になれば、効果を発揮する事にはなりえます。

が、どうも文在寅さんは企業・財閥は絶対悪者マンな様で、その企業や財閥に雇用され
給与をもらう人が、雇用先である企業等がだめになった場合の事まで考えてないのはある
なんて感じでしょうか?

これ、似たようなのは日本だと鳩山さんや菅直人さんではなく共産党なんですね。
共産党は企業減税絶対悪者マンです。
例えば、派遣切りがあった時には内部留保金があるんだからそれを使え!と騒いだり。

でもねえ、内部留保金てこういう金です。

内部留保をわかってない人に教えたい超基本

抜粋
内部留保=現金という勘違い

経済系のニュースを読んでいる人ならば「内部留保に課税とか、内部留保を給料アップや設備投資に回せという話は間違っている」という記事を1つくらいは読んだことがあるかもしれない。

筆者が書いている個人ブログでも、4年も前に書いた内部留保に関する記事へのアクセスが急増している状況だ。

ヤフー!ジャパンが提供するリアルタイム検索でツイッターフェイスブックの投稿を検索すると、10月7日、8日は9000回以上も「内部留保」がつぶやかれており、これは人気アイドル「乃木坂46」の7000〜8000件を大きく上回る。

人気アイドルを上回る勢いでつぶやかれる「内部留保」だが、その勘違いへの指摘は一言で終わる。

「内部留保は現金ではない」

内部留保に関する間違った言説のほとんどが、内部留保=現金という勘違いに基づいているからだ。



要は、企業の内部に現金化しないでいた利益の一部って事ですね。
現生である理由ではないのですからして、それで雇用をと言うのはできません。
この不況のために貯めておく、いわば緊急予算てのはどの様なモノでも必要で、仮りにコレをなくすと
ちょっとした不況や、景気の変動でバタバタと企業が死ぬ可能性もあります。
これを防がないといけない訳でして、これは正規雇用や地域経済、国内経済の安定を図るためには
必要な費用なんですね。

だから、現金ではないので内部留保、金ではないのですよね。
まあ、資金ではありますけれどもね。

仮にこれで非正規雇用の雇用を維持したとすると、利益がでないのに数ヶ月人を雇うことになるし
回さないラインの維持や管理の費用もでてくる。
仕事がないから、一時金としての退職金でも良いのでは?って話にも聞く耳を持たないのが当時の
共産党だったりするんですね。

それに迎合したようなマスコミの所為で日本の景気はなかなか回復できなかったと言うのも
まあ、一つの事実です。

その様な事実を考えて現実を見ますと、単純な悪を倒す正義の僕ら!な面をして世の中を混乱に
導く存在が一番の悪なんですけれど、それだってショッカーやスペクターの様な悪の組織敵な悪では
決して無いのですよね。
無知故、知識欲、好奇心、探究心の無さ故の悪なんですから、重過失って悪です。

で、文在寅政権はそういう重過失の悪ですね。
同じ重過失でも民主党政権とは桁が違う訳ですから、このままで行くと遠からず破綻です。
国どころか民族そのものの消滅という憂き目も無いわけじゃないのが今の処の怖い処、ですね。

別に韓国人や朝鮮人が消滅したって困らないって人もいると思いますが国が消滅して
その民族が消滅するとしてもある程度の時間がかかります。

その間に、世界にかける迷惑ってのを考えないといけないんですね。
そうしないと、それが元での世界大戦だってありえるわけですからw


  

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://unordinary.jigsou.sadist.jp/trackback/1456564

トラックバック