Un Ordinary Days

普通じゃない、言ってしまえば普通以下

<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 障害者に対する差別は、もしかすると今はサヨクの方が絶対的かもしれない | TOP | 玉城デニーさんと鳩山由紀夫さんがかぶってきた >>

2018.10.18 Thursday

ところで、教育や福祉、介護の問題を語るとなると

JUGEMテーマ:健康



共産党の劣化は、批判しないとならない通り道だと思うんだ。

と言うのは、共産党は少なくとも90年代半ばまではと言うか2000年代になるまでは社会において
弱者救済にはそれなりの効果を出してきてたんですよ。
確かな野党なんて言うフレーズを使う位にはその存在感があったんですね。

それにより、教育や福祉、仕事をできなくなった人への支援などのサービスの向上などは、
確実に行えていた、と言うか体制側からの福祉や教育、弱者救済等ではこぼれ落ちる存在への
公的な目を向ける効果はあったりしたんですね。

その様な、言わば草の根的な支援が出来ていてこその共産党だったりするんですけれど
なにかそれが変わったと言うか劣化したのは、90年代が終わり2000年代に突入してから
と言う感じです。

元々の支援の質が変わったなんてのもあるんでしょうけれど、小泉内閣の存在が大きいのか?
てな所がありますよね。
小泉改革は国民も痛みを受け持ってな事を言って結構無茶をしたと言う評価が今はありますが
あの当時は、それでも景気が回復するような側面も見せてたんですよね。
でもやっぱり弊害なんかもあって批判する必要はあったりしました。

で、その役目は結局、共産党だった気はします。
20世紀が終わるまでは、日本は最も成功した社会主義国家なんて揶揄されるレベルで
社会への貢献が行われる事があったし、企業だってまだそこそこに社会への参加てのが
意識されてた時期でもありましたけれど、デファクトスタンダードだグローバルスタンダードだ
と言うカタカナ言葉が跋扈する頃からそう言う面が完全に殺されたといえるのですよね。

その点ではマスコミは率先して、グローバル化だの世界標準だのと言う言葉に踊らされて
アメリカの望む個人主義と大量消費社会と、収入格差を生み出す事への努力を惜しまなかった
むしろ、そういう戦略に自ら乗ったといえるわけですよ。

これじゃあ、まるで戦前の大政翼賛会じゃん、なんて感じですけれどまあ、大体そんなもん。
大政翼賛会だって、マスコミが率先して作り軍閥のビッグウェーブに乗ったんですからねw

そういう中で、赤旗だのなんだのを使って批判してたのは共産党や一部自民党議員等。
野党は、世界標準!って言葉でキラキラしてるのが多数の中でそれを批判してた野党は
共産党!!なんて時代も有ったわけですよ。

で、00年代。
小泉政権で例えば、ハンセン病患者との訴訟では政府は上告しないとか。
痛みがどうこうの小泉改革だとか。
更には、ハゲタカファンドからの防衛戦だの。
そういう中でコイズミ人気が高まると同時に。野党の存在が薄くなったのはあるんですよね。

勿論、911以降の反戦やアメリカ(ブッシュ)のやり方への批判に世論が動いた時には
共産党が力を入れられるチャンスだったりしたんですが、この時は動きが鈍かったのは
あるんですよね。

だから、波に乗れず、その後の安倍政権でのマスコミの攻撃に乗った事により劣化は
加速するって感じです。
ちなみに、この頃になると従前やっていた労働者の権利を守るとか子供の教育の問題とか
福祉や介護等の問題に対する発言や行動が激減して、反戦、反米、憲法守護くらいしか
言う事なくなってきた、目立たなくなってきたてな感じ。

で、子ども手当での実質負担増(成人年齢後の障害者を持つ家庭が負担増える現象等)に
加担したって事での怨嗟も買うことになるんですよね。

勿論、反対する事は反対してたのはまだこの頃にはありました。

でも、第二次安倍政権の発足から気が触れているとしか言えない。
これはもう、志位さんが狂った??レベルで疑うのですよね。

例えば、生活保護の改善も子どもの貧困問題解決と、不正受給問題の解決でした。
働ける大人が働かないとか、支援できる金持ちな子どもたちが支援しないなどの問題を解決し
本来必要な母子家庭や父子家庭、親が大病を患い貧困にあえぐ子供たちの支援が拡充されるはずが
マスコミと一緒に騒ぎ野党共闘といってこれを邪魔した。

この結果、さらに支持者が減ったてのは否定できないんですよね。

で、現在はどうにも証拠がでないモリカケばかりなり、と。
消費税増税に対する反対も動きが鈍いし、昔だったら政党は政党助成金を返上し
財政健全化に勤しめ!くらいはいってたと思うんですが、それもなし。

それもこれも、どうも結局調子にのって時流も情勢も見えなくなった志位さんが
原因ではないか、と言う感じなのですよね。

共産党自体、トップの交代がほぼ無い状態で十数年同じ人がやっていると言う事が
見るべきを観ないで、騒ぎの尻馬にのるだけのスタイルになった原因でやるべき事を
まるでやれなくなったのがあるのではないか?なんて思う次第なんですよね。

安倍独裁を批判してますが、自身があまりに長く一人のトップがやっている事により
硬直化した結果の独裁化になってる事を危惧する必要が、いま共産党にはあると思うのです。


  

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://unordinary.jigsou.sadist.jp/trackback/1456547

トラックバック