Un Ordinary Days

普通じゃない、言ってしまえば普通以下

<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 石破茂さんは、総裁選に出たことで政治生命を終わらせるんじゃないですかね? | TOP | 国際法破れってのは大局的見方すると全然飲めない案件ですよw >>

2018.10.05 Friday

韓国料理というより、在日料理なんだそうだが

JUGEMテーマ:日記・一般



今現在の焼き肉の形は、日本にきた出稼ぎ朝鮮人が日本人があまり食わないと言うか
ほとんど食わない肉の部位を使う事で商売始めたとか?
だから大阪はホルモン発祥の地だとかなんだとか。(放るもんの略らしい)

【韓国の反応】味コラムニストのファンキョイク「韓国はイワシ出汁の風習がない。日本起源」「プルコギは日本起源」「うなぎは韓国伝統料理ではなく日本の食文化が起源」→韓国人発狂

大阪は鶴橋の在日朝鮮人が、日本に来る時には朝鮮半島では優秀な部類の人達の出世、
と言う事なんだそうでして、家族で引っ越してきたとか。
で、そのエリート以外の家族はそれでも職を探してとした中で料理屋を始めたのも
居るんだそうでして、その差異に日本の醤油や味噌やらなにやらを利用して現在の
焼き肉やホルモンの原型にしたとかなんだとか。

日本では肉を食わないって俗説があるんですが、イノシシやうさぎ等の肉は食ってたし
豚や牛を食肉目的の飼育してないとか、そもそも食用家畜の概念が無かったとかは有る、
てな程度だそうです。

日本人やアジア人が肉を食わないから貧弱で欧米人に負けていたとか言うのは、
戦後のアメリカ(白人社会、自由主義連合)はすごいんだぞ!の演出のために、
大仰に伝えられた事だとか言う話も聞かない訳ではないのですね。

ただ、朝鮮半島は長らく中国の支配下で属国、もしくは衛星国家(捨て駒とも言う)になってて
まともな食は王朝の偉い人位しか食えなかった、と言う話もあるんだそうで。
民衆は、清の没落期には食に関する文化は完全に途絶えてたと言う事も伝えられているとか言うし
そもそも、王侯貴族でもない限りは身分が低い者はまともな食事を取ることのない社会だった、
なんて話もあったりなんだったり。

まあ、いくつもの国に分裂して戦ってた小さい半島と言う事を考えると、食を文化にする
と言うところまで社会が成熟しなかったのではないか?と言う説もある模様。
どちらにせよ、朝鮮半島における食の文化は李氏朝鮮ですら存在してないと言う話だそうで。

で、じゃあちゃんとした食事が皆無だったのかって言うとそんな事はなかったりしまして
一応は、雑穀や野草、野菜に魚を食う文化はありました。
が、出汁を取る文化はないのだそうでして、確かテツ&トモが韓国に呼ばれてあの
なんでだろう〜と言う歌で、昆布が海で出汁がでないのなんでだろう〜と遣っても
出汁を取る文化がないので笑いに成らなかったなんて話だそうな。

それでも煮る、焼く、蒸すって調理法はあるんでして、その中で例えば
ジンギスカン鍋の様な肉と野菜を焼いてその時にでた汁をスープにする、
なんてのはあるんだそうですな。
たしか、プルコギとは言われていなかったが。

昔、新宿で食った料理は朝鮮の焼き肉で鍋みたいなもん、と言われてたな。
明洞って名前だったはずだが、タレに漬けてない肉や野菜を半球状の鍋で焼く感じ。
もう、その店無いみたいですけれどね。
無くなったのも韓流ブーム!とか騒いでいてそういう朝鮮田舎料理と言うか朝鮮家庭料理
みたいな店を止めさせるような真似が跋扈したから、みたいですが。

そういう意味では、古来からの新大久保マニアは韓流と言うのを嫌っている人は多い、みたい。


で、焼き肉。
焼き肉は大阪の朝鮮人が日本のタレや出汁、漬けの文化を取り込み、ホルモン等の
食わないとされてたものも食えるぞ!をやった結果なんだそうで、今の世界中でブームの
焼き肉はコリアンBBQと言うよりやはりジャパニーズBBQになるんだそうで、本来のさっき言った
朝鮮半島のあるべき焼き肉鍋的なモノが存続していないと言う事が非常に惜しまれると言う人も
韓国人や在日の中にもいるらしい。

プルコギだのなんだのと言っても所詮は日本の文化を猿真似して、自分らの文化を否定する
と言う事に対して、まともな朝鮮人や韓国人は非常に腹立たしくおもってるそうな。

その点では、韓流嫌いと言う在日も割といると聞き及ぶのですが、その方面での情報を得られると
本来の朝鮮家庭料理てのが食えるかもしれませんねえ。




と言っても、その殆どが済州島料理と言う事になる、と言う話も無いわけじゃないですが。

  

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://unordinary.jigsou.sadist.jp/trackback/1456541

トラックバック