Un Ordinary Days

普通じゃない、言ってしまえば普通以下

<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 野党も石破さんもマスコミも盛大に安倍総理を勘違いしてるとしか思えないんだけど | TOP | 石破茂さんは、総裁選に出たことで政治生命を終わらせるんじゃないですかね? >>

2018.08.19 Sunday

安倍晋三は別に戦争ができる国にした訳じゃないと思うぞ

JUGEMテーマ:日記・一般



多分、そこまでの覚悟はない。

2018年08月19日09:32
今後の日韓関係は絶望的な予測しかできないと韓国が激しく当惑 困っているのは韓国側だけだ


特に、安倍総理は来る9月の自民党総裁選を控え、政治的宿願でもある『戦争できる国』への改憲に拍車をかけている。これらの目的を達成するためには、右翼世論の全面的な支持に基づいた政策推進力が必要な分、歴史挑発基調もしばらく続くだろうという見込みである。


と、いう帰結になってる感じなんですがもしそうなら日本国憲法そのものを破棄して当然だけれど
他国による統治下によって作られた憲法は国際規約違反なので、日本帝国憲法復活からの憲法論議な!
といった事にするかまるっと作り変えるかのどちらかですよね。

なんだけれど、9条にプラスしての自衛隊合憲化だけなら戦争に行く気はさらさらないでしょう。
ヤラれたら倍以上にしてお返しだ!って言う国にするだけで。

また、この9条改憲では石破さんも全然現代の情勢をわかってない感じなんですけれども、
韓国人のウマルさんを名乗る安田純平さんの救助を!とか言う話がでてきても動けないのは
あるんですよね。

犯罪者に金を出す、テロリストに身代金を渡すなんていうのはいまのご時世ではその地により戦乱を
呼び、無辜の民を傷つける事がわかっているので日本くらいの規模の国は金を出す事はできません。
国際法的にも無理なので、別の方法を取らないといけないのですけれど、日本はなんもできん、のです。

この辺は防衛庁長官をした事があるからわかってないとおかしいんですけれど、自衛隊ならば
自国民の生命財産安全を守るための組織で認識されているので、救助の為に出動できるけれど
それは野党が反対する。
反戦平和を謳う人達も反対して金で解決させようとするので、何もできないのですけれど
自国民の救助を目的に出せるようにするなら解決の手段は増える。

と、同時に軍事的な交渉人の育成もできなくはないのですよね。

ならば警察で良いじゃないかと言う話もでるかもしれませんが、警察で行くには現地の警察と
協定が必要だとか。
つまり、戦地の中に警察が存在していない場合には警察はただの標的でしかすぎんと言う、
実になんともならん状態なのですね。

で、対話でと言うけれど、テロリストサイドには金を受け取る以外の答えはない。
金を出せばそれが戦費になる。
従って、市民の命を犠牲にすると言う事になるんですよね。

もし、反戦平和は日本だけが平和なら他人は死ね!の精神ならばそれでも良いでしょうけれど
そうではない、恒久的は平和が必要なのだ、と言うならば現地市民の平和と安全も考えていかないと
これからはなんら実効力のある事はできない、って感じだと思うのですよね。

現時点で韓国は日本しか見ていないし、反安倍界隈の人は野党もマスコミも団体も、そしてまた
自民党内の人のハズの石破さんでしか安倍晋三を、それも想像上の安倍晋三しか見てないです。

これでは現在の状況で支持される、共感されると言うのはあり得ないって事なのですよね。

その辺、どう考えてるんでしょうね?


  

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://unordinary.jigsou.sadist.jp/trackback/1456539

トラックバック