Un Ordinary Days

普通じゃない、言ってしまえば普通以下

<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< これで小西ひろゆきさんも少しは現実の声に耳を傾けられるようになるか? | TOP | 実家はそろそろ築50年に迫る >>

2018.05.08 Tuesday

まあねえ、こういう発言がでないとマジで放送法4条いらないじゃん?

JUGEMテーマ:日記・一般



と言う事になるからなぁ。

【ド正論】竹田恒泰、麻生大臣を追求する立憲民主党のブーメラン過ぎる悪事の数々を地上波で突如暴露し司会者の顔もひきつる珍事が発生しネットで話題にwww

かと言って、自民党バイアス(正でも否でも)がかかっている人らがみたらどう思うかは
さっぱり予測つきませんが。

このセクハラ騒動に関して言えば、麻生さんが責任取る必要はないですよね。
こういう末端の問題が起こる場合、上を変えても意味はないんです。
まず経営者あるいは、トップ、運営責任者等々が過去からの積み重ねを見て、
それから解決策を選択していくのが、解決の為の正道と言えなくもないのは
あるんですけれど、それをやめろと騒いだらテレビ局の社長は週替りですよw

そんな定食屋のお昼の定食メニューみたいな状態では改善するものも改善しない
と言うのがあるから、辞任されては問題を有耶無耶にするだけって面もテレビや
新聞、野党が本当にセクハラの問題を考えるならば真面目に意識しないといけないし
それをする事が+なのかどうなのか、ですよね。

もし+ならば辞任もありでしょうが、実際にセクハラをしてたと成った場合には
現場に痛手は無いんですよ。
どうせ上がやめればいいじゃん、ですからね。

そんな事をするよりは上が俺の目の黒いウチはセクハラさせねえぞ、と睨みを効かせて
居座り、セクハラをした人間やそれを容認していたシステムを変える方が大事なのですよ。

また、セクハラを既に犯罪の様に騷ぐ野党やマスコミですけれどセクハラ事態だけでは
まだ犯罪じゃないんですよね。
あくまで「性的嫌がらせ」または「性的迷惑行為」あるいは「性的威圧」なんてもん。
しかも、これが過失で発生した場合には、それを改善しないといけないし改善させるための
働きはトップが主導する事になります。

改善のための行動の中で故意であったとか、悪質であると言う場合にはその人が初めて犯罪を
犯した事になる事例に繋げられるのですよね。

それは、同時に上を辞めさせたで手打ちにする事とはまた正反対なのですよ。
あくまで組織一丸で動かし、それをその時の責任者がやらねばならん。
それがセクハラであれパワハラであれモラハラであれ組織で起こる場合の対処なのですよね。

この辺、実は厚労省のガイドラインでも言われてたりします。


こういった側面を考えますと、今回のセクハラ騒動。
性的嫌がらせと言うよりは、政敵(に)嫌がらせとでも言いたくなる状況ですねw


  

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://unordinary.jigsou.sadist.jp/trackback/1456517

トラックバック