Un Ordinary Days

普通じゃない、言ってしまえば普通以下

<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>

<< ダイナモ作戦のグレードアップ版をするとなると | TOP | まあ、アメリカのデフォルトはある意味で大統領の通過儀礼みたいなもんだけど >>

2018.01.20 Saturday

抵抗は無意味だ



テレビ局の凋落ってのは、一度始まると停まらない訳でしてこれを停めるにはテレビ局側の
大改革が無いと駄目なんですよね。

フジテレビの視聴率爆死に『芸人が”全力で支える”と宣言して』視聴者の失笑を買う。無意味だ!との批判が殺到

カンニングの竹山さんは別に嫌いじゃないんですが、この件で言えば無意味だって事になります。
テレビ局側、つまり経営サイドが現実を見る気がなくさらに制作局がそれに対抗する手段を講じる
なんて事ができてない時点で、芸人風情がテレビ局を支えるなんて事は不可能。

事実、竹山さんのこの番組だってAbema TVと言うネットの放送局なんですよね。

何某かの大博打をしつつ経営を立て直し、制作の手法を変えていくなんてしないと駄目でしょうし
何を橡狂ったか、制作に必要な制作部なんかを解散したり制作子会社を手放したり。
フジテレビの問題は、制作するスキルを自ら手放した事によるってなもんだと思うのですよね。

で、結果頼ったのが韓流なんですがそれだってどんだけ周回遅れで参加してんだよ、でしたし。
だからつまらないもの(韓国基準でも)なものが多く、つまらないと普通に評価したら差別だの
偏見だのさらにはセンスが悪いだのと、視聴者を罵る方向に動いたんですもの。

結果、いやなら見るなでしょう?

そりゃ観ませんよ。
別に義務じゃないし。
観なくても他に面白いのあるし。

加えて決定的なのが震災の直後でも韓国のグループがー、とかやりだしてた事。
震災前にも口蹄疫だのなんだのあるのにそのニュースを流さず、韓流アイドルがーとかやってたら
見る必要性がなくなっちゃいますからね。

その辺の、運営の失敗を回復できる人が出てこなければ何をしようと無意味、と言う現実を
竹山さんも認めないといけないと思います。
実際に視聴率が下がっているのならばそれを認め、問題を提起し改善を求めるまたは改善するような
ネタを提供する、てな事でないとなんもできません。

  

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://unordinary.jigsou.sadist.jp/trackback/1456495

トラックバック