Un Ordinary Days

普通じゃない、言ってしまえば普通以下

<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 地球温暖化説もデマといわれて久しいですが | TOP | 韓国系オーストラリア人が北朝鮮から密輸? >>

2017.12.17 Sunday

いやさ、政治してないじゃん?

JUGEMテーマ:日記・一般



選挙の結果を見れば、森友も加計も実のところ問題が安倍総理には無い!
ってのが国民にはもろばれと言う事になるだけだと思うのだけれどね

【悲報】立憲民主党、支持率5%に なんでや・・・国会でモリカケがんばってたのに・・・

実際のところ、一番戦いやすいのは増税に対する反対だと思います。
国民の支持を得る為には、この生活に直結する問題に対して対応策を
出して行き、増税をしないでも済むあるいは増税をする必要は無い、
と政府に示していく事で、増税を辞めさせて支持率を伸ばす事が可能
なんてのはあるんですが。

ただし、野党共闘()なんて事で考えるしかできない連中と面子大事!
な状態になっている連中のコラボレーション。
幾つか彼らの面子と思惑が邪魔して出来ない事があるんですね。

大きいのは消費税増税を決めたのは野田内閣でして解散の際の条件
というので増税を呑め、てなのがありました(大雑把)。

その際には、景気動向をみて行うって事で景気が回復傾向で可能なら
なんて感じなのですが、実際に増税をすると消費は冷え込むてのが、
判ってしまった訳ですよ。

と、いう事は過去の試算は今は合致しない状態なので増税をする必要を
認められなくなった、個人の消費を減らす訳にはいかない!
とでもやれば良いのでしょうけれども、それすると過去に間違えた!!
と言う事実が残りますから、やりたくないのでしょうね。

絶対正義自分達!
絶対凶悪自民党!
でやりたいのですからそれをするとミスのあった普通の政党になる
てな事でやりたくないってのも大きいでしょうね。

特に自分達にミスがあったと認めると
「自民党の間違いを正す!!」
なんて姿勢で動いている野党共闘派には、非常にやりづらく感じる
というものなのかもしれません。


そうは言っても、普通の人の目線で言えば間違いを認め訂正していく
あるいは修正していくと言う姿勢こそが求められる訳で野党も左翼も
マスコミも、与党=自民党にはそれを求めるのは変わらない訳ですし
子供は学校で、大人=教師にそう教わるわけですね。

その教師なんかは多くが反自民、反安倍であるのもあって与党の問題
と言うのは言いますが、野党の問題は言わない訳でそんなのがあれば
若い世代は大人の欺瞞、野党の虚構、マスコミの嘘なんて事で固まる
なんて次第だと思うのですよ。

そういう意味ではこれを改善できない事が自民党の応援になっている
と言う自覚をそろそろ持つべき、なんですけれどもね。

また、経済の状況が好転しているとなるとこれまでアベノミクスは
失敗だ!と騒いだことが徒となりましてアベノミクスは結局は成功
と言う事を認める必要がでてくる次第です。
そうなると、自分達の経済無知を晒す事になると言う懸念があり、
野党支持率が落ちる、と言う事が予想されるのですけれども、一時
あるいは恒久的であれアベノミクスの成功を認めしかし欠点がある
と言う指摘をしていけばよいだけの話です。

一過性の回復にすぎずこの後は転落するだけ!と言う可能性を指摘し
政府とちゃんと審議すりゃあいいだけなんですよね。

そのほうが一時的に支持率が下がっても最終的には支持率は回復し
選挙では安倍一強は避けられるのも事実なんですよね。

現実に、日本維新の会が支持率を1.0%で維持できているのは
少なくとも、野党の中では審議を行い政治をしている姿勢を見せ
結果を出していると言う評価があると見なければなら、もし仮に
野党共闘に乗っていたら現在は、希望の党と同じ支持率だった、
なんて可能性もある事を忘れたらいけません。

客寄せパンダの橋下さんがおらんのですから、大阪方面でだって
人気が下がる訳で、支持率を失う事になるのは明白ですから。

つまるところは、野党は月給泥棒と見られているのが一般心理。
それを解決するには、野党は真面目に仕事をして中身がないけど
勢いで政権スキャンダルを作る!なんて事に血道をあげなければ
ちゃんとした評価がされる、と言う事だと理解してほしいところ
なのですが、まあマスコミと言う微温湯バリアーに護られてる、
という所で壊滅以外に今のところは道はなし、てな感じですか。

さてどうなる事やら。

  

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://unordinary.jigsou.sadist.jp/trackback/1456481

トラックバック