Un Ordinary Days

普通じゃない、言ってしまえば普通以下

<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 中指を立てる行為ってのは世界中どこでも銃を突きつける、ナイフをかざす | TOP | こういった、冷戦の記憶だけで生きてる人達が一番社会の害悪なんじゃないかなぁ? >>

2017.11.09 Thursday

家業と本業の融合合体!

JUGEMテーマ:車/バイク



I!GO!融!合!ひやういGO!ですよ!

て、何かといきなり思われますかもしれませんが実は11月3日に実家のNPO峠工房
WindsFormulaAssociationNaturalRebornで発達障害児や健常児、健常者や障がい者を
分け隔てなくカート体験走行するイベントの初開催したんですな。

場所は木更津サーキット

千葉県は家(峠工房)から遠いですが、ちゃんとETCも使えるし普通に高速道路も
使えるから大丈夫だ!
なんて感じなのですけれどねえ。


まあ、豆腐メンタルが2号車運転なんでなんか凄い事になってたけどな!

因みに、豆腐メンタルがオタつく要因は川崎航路トンネルでの事故からの渋滞だよね。
これなかったらもうちっと落ち着けたのでは?
とおもうがまあ、済んだことはしょうがないw

さて当日は快晴。
サーキットも朝方は路面がちょっとウェットだけどなんともなし!


インストラクターはプロレーサーでNaturalReborn現在の理事長伊藤鷹志。


最初は彼が、二人乗りカートで横に参加者を乗せてコース体験。



各種説明の後、実体験。



んで最後は模擬レース。



さて、これだけの事ができるのは峠工房の数十年にわたるデータの蓄積と解析、それと
それぞれの子供に応じた対応策の構築手順の体系化ってのがあったりします。
勿論、障害特性なんてのも考えて対処するのであるからけが人が出る事はないw

そしてモータースポーツはWFAが十八番の世界。

さらに伊藤鷹志はプロレーサーでNaturalRebornの理事長を引き受ける様な人だから
対処、メンタルケアは万全(かもしれない)。

そこに元々イベントやデザイン、映像などに関わってる私のノウハウとWFA理事長の元々の
本業の分野のノウハウと、伊藤さんのスキル等を全部合わせればこれは安全に色々それこそ
安全に危険に直面できるではないか!と言う状態に!

なので、およそ1年のスパンを経てシステム化した上での開催なのですね。

ここで私らがやったから俺らもできるだろう、と思ったりしてカート体験とかさせると
大怪我させる可能性があるから、下手に真似なんぞしてこちらのこれからのカリキュラムを
駄目にする様なことをされたら溜まんないな、と口だけ福祉支援施設なんかの存在が
増えた事で気にはなってるあれこれありますが、とりあえず大成功ではある。

なので、これの開催スパンをなるべく短くできるようにした上で、各種企業や
それこそ自動車・バイクメーカー、さらにはモータースポーツ関連企業の協力、
なんてのを求めたい昨今なのです。


  

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://unordinary.jigsou.sadist.jp/trackback/1456469

トラックバック