Un Ordinary Days

普通じゃない、言ってしまえば普通以下

<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 軍事オプションって別に、先制攻撃だけじゃないんで | TOP | Twitterはね? >>

2017.10.03 Tuesday

けものフレンズ騒動の根幹って

JUGEMテーマ:漫画/アニメ



コンテンツホルダーたる企業、それも大きくなればなるほどコンテンツ管理の意識が低く
さらには再分配にはぜんぜん興味が無いって事にあるんじゃないですかね?

なんてカドカワのTwtterを利用しての発信と、ヤオヨロズサイドの返信?を見て思ったり。

と言うのは、Twitterでも書いたし他でもここでも言っているけれどもそもそもコンテンツの
寿命というか命数が尽きたと思った企業サイドは細かい部分は見てないですよね。

大企業のタイムスパンで見れば終わってるコンテンツですし、それ以上の価値を生み出す
と言う可能性が微々たるものだったら終わらせないと損が出ます。
でも、損がでるからと言ってそれが完璧に利用されたのかってーと違いましてどういう訳か
けものフレンズのように大化けする事もあるわけです。

それはネットで話題のラジオフィッシュなども同様で、企業つうか大手コンテンツホルダーたる
企業が関係しないことで、それを求めていた人に合致したっていうね。
そんなベストマッチな現象。

これはピコ太郎も同様。
元々のネタがネットが不十分だったりyoutubeのようなものが無かったりした時期での
企画は誰も乗らないけれど、今ならできるで出来ちゃった。

それがあるから世の中本当は何が当たるか、何がヒットするか何が受けるのかなんて
わからんのですよ。

だから、企画は100本だして1〜2本当たれば大成功なんていわれるんですね。

でもピコ太郎の場合は、その企画一本に絞ってやったし絶対当たる確信があり、技術や
環境の革新があり、核心を失わなかったからこそのヒットだったり。

けものフレンズは既にゲームアプリ終了で、それを受けての世界観の構築もあって
キャラや世界観が受けた訳でこれらやラジオフィッシュやらなにやらの共通点を
ちゃんと分析すれば、答えはおのずと見えてくる、と。

要はクリエイターやアーティストにちゃんと時間と費用と自由裁量を与えて
結果を出させたらいいだけなのですよ。

なのですが、昭和な脳髄のままの経営陣にはそれを理解できない。
時代がテレビとラジオと映画と雑誌って頃ならまだしも、今は違う。
遣りたいことにあわせて方法が選べるのだからそれを利用しない手はないんですが
幾分何分、どういう訳か最先端でないといけないところほど経営陣は旧すぎて時代に
ついてこれてないのが現状です。

アニメに限って言えば、例えば手塚治虫がまだ海の物とも山の物とも区別のつかない
テレビアニメシリーズをやろうとした時には予算を作るというか分配する方法が無い
なんて時代だからグロスで受けて、優秀な人には良い給料と言う仕組みを作る。
当然だけれど、腕がなければ稼げない世界。

だけど、それだと駄目なのでロイヤリティだのなんだので会社の利益や権利者の利益を
作る方法を編み出すのは一応は、貸本時代を知ってるからなんですよね。

となると更に時代が進んだ場合には変化させなければいけないのですが、そう言う事は
実はアニメ界が貧乏と言う事で手塚治虫批判をする宮崎某さんなんかがしなかったし、
そういう要求は退けたサイドだったりするんですね。

だから、アニメ界の窮状は手塚治虫の所為ではなく手塚の作った道筋に対して
何も整備しなかった後発の責任です。

それが低賃金重労働、安くても遣れるところはあるなんていう間違った思想が蔓延し
日本のアニメ産業の衰退を招いているというのはある次第です。

今は、それを改善する動きもありますが、少なくとも今後アニメの世界でちゃんと
テレビアニメを作る、上映するアニメ映画を作るなんてな事を続けるのであれば、
公正取引委員会レベルの監査機関が、そういう場合は個人事業主との取引ですよ、と
不当な安値を是正しないと駄目ですよね。

普通に仕事として考えたらそうでないといけない訳ですが、未だに昭和40年代の
意識でアニメの制作価格は決められているというのは否定できません。

で、今回うわさでは二期に対してさらに低い予算でやれなんて話があったとかなんとか。

カドカワがそれを求めたかどうかまでは定かではないですが、放送に関わる代理店が
それをした可能性だってあります。

そしてカドカワサイドとも現場サイドとも乖離が起こり問題が発生し、カドカワは
たつき監督のわがままの可能性を信じて下す決断をしたってなことだってある、と。

色々考えられるのですけれども、アニメやゲームの現場や実際に作る人達に対する
不当に低い評価は改められないといけないでしょうし、漫画家などもそうでしょう。

佐藤秀峰さんのやり方や言い分は同意できることが少ないという人でも
恐らく彼が自分の作品の権利や財産を守る努力を怠らない事をしてると、
そういう評価はすると思います。


勿論、個人の漫画家が描く漫画と大勢が関わるアニメの世界では違うとか色々な
意見や異論もでるでしょうけれど、ただ共通することはクリエイターやアーティスト、
さらにはそれぞれのエキスパートの権利とそれに見合った報酬がちゃんと守られない
と言う、業界の現実があるのは事実でそれらが事を大きくしたのはあるのですよね。

勿論、オタ界隈でもキモいけもフレ民が発狂とか言う人もいますが別の作品関係でも
同様のことが起こったりするのは、一重にアニメ産業の低賃金状態あるいは、
権利を蔑ろにされている現実や、実際には制作してない編集や雑誌社、さらには
会社システムや無関係な代理店や著作権を管理してない著作権管理システムとか
そんな感じのものの積み重ねなんですよね。

これを改善する為にはやはり、作る人や創造する人の権利を守ることと
正当な報酬を払うシステムの構築が必要だと思います。

せっかく、手塚治虫が道筋をつけた日本のアニメーション業界です。
いつまでも搾取するだけの人間の良いようにして良いわけ無いんですよね。


  

コメント

If you’re interested in winning millions, then I’m here to help!
At <a href=skyliteboom.com>Casino</a> you can play over 450 world-class games and I’m giving you an exclusive Welcome Bonus to get you stuck into winning.
Use it today to increase your chances of hitting our jackpots.
All you have to do is <a href=skyliteboom.com>sign up today</a> and watch the rewards come rolling in.
skyliteboom.com
<a href=skyliteboom.com>Prepare to hit the big time</a>
<a href=skyliteboom.com>Hacer giros para ganar millones</a>
<a href=skyliteboom.com>Holen Sie sich spinnen, um Millionen zu gewinnen</a>
<IMG>http://i63.tinypic.com/ofdmds.jpg</IMG>
2018/01/03 8:02 PM by Zlobrab

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://unordinary.jigsou.sadist.jp/trackback/1456451

トラックバック