Un Ordinary Days

普通じゃない、言ってしまえば普通以下

<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 取敢えず、推定無罪と言う映画をパヨク界隈は見たほうが良い。 | TOP | けものフレンズの騒動ってのは >>

2017.09.24 Sunday

ほとんどのマスメディアではダンマリな感じですけれど

JUGEMテーマ:日記・一般



山尾しおりさんの不倫騒動って、宮崎某元議員やゲス川谷を超えた不倫だと思うのですよ。


山尾しおり不倫に新情報!!! 週刊文春記者が爆弾発言キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! サンジャポ出演者全員黙り込んでしまう放送事故wwwww

468: 名無しさん@1周年 2017/09/10(日) 17:51:14.72 ID:xhYZCqR80.net
これワロタ


文春1号@サンジャポ
「二人の噂を聞いてたので取材を始めたら、まさかの連日連夜で、こっちが睡眠不足で身体持たなかった」


連日連夜で、取材する側がダウンする寸前てのはかなり異常なんですよね。
それだけ不倫相手とSEX三昧だったって事になります。

しかも、出てくる情報では相手は複数に及ぶ可能性があるわけでして同じ民進党の
細野さんが山本モナとやらかした事なんてかわいいもん。
実際のところ、民進党所属の政治家には下半身事情がかなり激しい方々が多いらしい
なんていう話も聞き及ぶ次第ではありますけれど、この山尾さんの方はそれを凌駕する
と言う状態だったりするんですよね。

まあ、マジでパンツ履く暇なかったんじゃないの?
といわれても仕方ないかもしれません。

ただ、そうなると山尾さんはSEX依存症の可能性がやっぱり出てくるのですよ。
先天性のニンフォマニアでないと言うのなら、何かが原因によるSEX依存症。
これに耐えられる男性なんていないから複数の相手が必要ってのもあるのですし
四六時中の話もむべなるかな。

治療法はあるようですから、まずはカウンセリングを受ける必要はあるんじゃないか?
なんて思うのですよね。
原因や悪化した過程を解明できれば、それを治療する事で少なくとも普通の生活はできます。
旦那と子供に囲まれた幸せな生活はムリでしょうけれど、普通の生活はできます。

理由は、大雑把にストレスとされるかもしれません。

ただストレスの原因も政治家に向いてない事が挙げられるかもしれませんが。

と言うのは、元アニーの子役だったかなんだかだそうでスポットライトを浴びてた生活。
その生活は承認欲求を最大限満たしてくれますけれど、さらにそれ以上の満足を得る事は
不可能なんですね。

アニーが終われば普通に芸能界の荒波にもまれて、肥大化した承認欲求は鬱憤を貯めたと
思いますし、そこからのストレスがあります。

んで、政治家になって現在は反安倍でテレビの花形だったりもしました。
中には山尾さんに比べれば遥かにかわいい宮崎元議員の不倫を追及し、子育て世代や子育て世帯、
さらには妻と子の立場を守るヒーロー的にメディアが扱ったなんてのもあります。

そうなると彼女の過去の承認欲求肥大は復活すると考えられますし、今も安倍総理を
追い詰める天敵としての自分を地元でアピールしているとか。

でも、実際には自分の認識する評価と世間が見る評価は雲泥の差と言っても良いのですね。
それ相応の評価というか成果を挙げていないから。

そこからのストレスはいわば超ヒロイン願望の人には耐えられないレベルだと思うのです。

結果、何がしかの依存症になるでしょうけれど、それがSEX依存症の可能性もあります。
薬に走らなかっただけまともかもしれませんし、有田先生のように異常な反日反安倍活動
と言う現実の逸脱の仕方をしなかっただけまともかもしれません。

ここで、付け加えて言いますと、有田先生の反日反安倍活動が異常なのはその仕事が
国会議員であるにも関わらずネットや路上をその主戦場と決め、反安倍というか元々は
反在特会だったんですけれど、その安倍や在特会を糾弾しない日本の世論に対しての
怒りから元々の反日気質(武装革命家気質と言っても良い)に火がつき、職責に比し
異常な行動をするようになった、なんてことはいえなくも無いです。

つまり、有田さんも承認欲求の不足からの暴走と言う事はいえなくも無いのですよね。

そういう面は、実は多少の差はあれど民進党の議員先生夫々に見れる気質といえなくも無い
なんてことはあるんですが、今回は山尾さんに絞りますと彼女は政治家を続けるならば
まず不倫というかその乱れた下半身事情をしっかりと見つめなおし、カウンセリングを受ける
と言う事からはじめる必要はあると思います。

この手の依存症は誰もがなりうる事なので、それを解決できる手段を自ら模索し
さらにはそれらの人の手助けの出来る政治家を目指すとすれば少なくともこの問題を
なんとか好転させる材料にはなると思います。

ただそれには精神の弱さを認める必要はありますし、自身が病を抱えていると言う事を
認める必要があるんですが、それができれば別にネトウヨの攻撃が怖いと言う事に
おびえる必要はねーんですよね。

なにせ、安倍総理も自らの病を克服して再チャレンジしてからの現在です。
それがあるから支持率が高いという話もありますが、それと同様の手法をとる
と言う事ができるならば、再起の可能性は無くもないって事なのですが。




中国よろしく面子大事の民進党議員という例に漏れずの様ですから厳しいでしょうね。

  

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://unordinary.jigsou.sadist.jp/trackback/1456445

トラックバック