Un Ordinary Days

普通じゃない、言ってしまえば普通以下

<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< そろそろ韓国は現実と事実と史実を知るべきじゃないかな? | TOP | かなり事実面して追及してたけど? >>

2017.03.15 Wednesday

権威に従えって言ってるとしか思えないのだが、それこそファシズムで独裁だよ?

JUGEMテーマ:日記・一般



たしか、BPOでは事実の齟齬はあれど内容に対してさほど問題にしてなかったような?

”東京MXの検証番組”にパヨクが『BPOの権威を無視するな』と火病発症。凄まじい事実が次々に暴露される

BPOってのは放送法上問題がないとか倫理の上で問題がなければ罰しませんしそれをする
という事になったらそれこそ表現の自由や思想信条の自由を侵害します。

仮に、BPOを絶対とした場合にはBPOがすべて一定の思想の方々に乗っ取られた場合には
テレビやラジオ等はBPOの権限の下、一定の思想に乗っ取った洗脳機関となるんですね。

だから、テレビ局やラジオ局などが批判された部分を検証すると言う独自の番組を作り
検証し放送すると言うのであれば、それは報道の自由が保障されている事になりますし、
当然ですけれども、思想や信条および表現の自由も守られていることになります。

勿論、反論があれば「事実」に基づいた反論をすればよいだけの話で最後にBPOの権威を!
なんて言ってしまってるのでは、反論できてませんと自白してるようなものです。

なにせ、権威頼みですから。

こうなってくるとMXの報道はある程度事実を言っており、当然だが基地反対派を支援する
と言うサイドはこの不都合な事実を隠したがっているという事が印象づいちゃいます。

この印象がでかくなればなるほど、つまり積み重ねれば積み重ねるほど左翼はサヨクとして
認識され、過去のインテリジェンスだった面影が消えます。

また、反論も理性や知性が見られない非論理的な物だったりしますから(なにせ最後は権威を!です)
サヨクは結局はネットでいわれる感情論だけで動く稚拙、幼稚な人達であると言う事になりまして、
千葉麗子やらなにやらのいう事を実証するだけなのですよね。

つまり、サヨクからパヨクへの認識の変換です。

この認識の変換は実は、脱原発運動が感情論と50年代SFホラー時代の放射能の恐怖を
思わせる事しか言わない、反原発運動家やそのシンパへの一般大衆の不信から始まってる
なんて言っても過言ではないのですよね。

サヨクは、それでもまだ一応は原発の放射性廃棄物が危険だ!と言う事を言うだけの
情報を持ってはいたと思います。

なんですが、やはりそこには「恐怖を増強させた」「実存しない放射能とその被害」
と言う事になってしまうのですよね。

だから、左翼のやっていた脱原発運動とも違ってしまいます。

凡そ45年ほど前からそんな感じですよね。
左翼の人たちが左翼の劣化を嘆きカタカナでサヨクと書き記すまでには長い時間が
あったにも関わらず左翼はサヨクの発生と増殖を抑える事ができなかったのです。

このサヨクの増殖に一役かったのは、やはり実存しない放射能とその被害ですね。

そもそもサヨク化の最大の立役者は原子力発電所への過度を通り越して妄想レベルの
恐怖を作り出したことではないでしょうか?

事実、私が小学校4年の時の担任教師は恐ろしいまでに左寄りでした。
なにかとデモだストライキだに参加してるくせに、学校は休むなとか言っちゃう
とんでもないおばさん教師でしたが、この人は原発を殊更に恐ろしく見せる事に
集中してました。

例えば、原子力発電所は発電所の中で原爆を爆発させているとかね。
実際、発電所レベルの建物で原爆が抑え込めるなら核兵器は怖いものではありませんし
その程度のものならば核兵器を廃絶する意味がない訳ですよ。

加えて、これらの原爆を爆発させるから放射能が原発の周りに散らばっているとか
好き勝手言ってました。

なんですが、おっさんこう見えて勉強家でしてね。
學校の勉強はしませんが、本は結構読んでいたんですよ。
その中に「子供の科学」って雑誌がありましてそれに原子力発電所の仕組みとか
燃料とかの話が載っていてそれは間違ってるとか指摘しちゃう嫌な子でしたねw
サヨクからしてみりゃw


実際、原発は原子核爆発はさせません。

起こすのは核分裂であり、それは自然界でも自然のものです。
核分裂は核物質、すなわち原子の繋がりが不安定な状態の物質がエネルギーを
消費して自重を維持できなくなることにより分解しその際に電子だのなんだのを
放出する減少なんですね。
その時に、原子核は質量が半減します。

これを半減期と呼び、核物質すなわち原子核が不安定な物質が放射線を出す
という事をして小さくなる状況の事なのですね。

この半減期を繰り返して最終的には安定物質になり放射線すらださなくなります。
鉛なんかその一つで自身がエネルギーに影響されないから放射線を出さないし
通さないって事になるんだそうで。

でも鉛は溶ける!という事を言う人がいると思いますが熱による溶融は
放射能や放射線はあまり関係ない訳でして、それこそ連鎖核爆発による
原子爆弾が一気に熱を放出するような事がなければ、放射能や放射線による
影響を出さないのだとかなんだとか。

そういう性質のものに向かって半減期を繰り返していくのが原子崩壊って現象です。

このことを、恐らく子供の科学でも読んでいれば皆知ってしまう訳ですが
まあ、あの雑誌も当時も今も恐らく弩がつくレベルでマイナーです。

核や放射能の事を知らないでその恐怖だけを語るためには原子炉内で
原爆を爆発させている、とか言う事を言うのだそうですけれど。

どれだけ原始的な惑星間宇宙船のエンジンの話を読んだのだwwww
と言う感じですかね。

なお、原爆をロケットエンジンにと言うのは実際に考案されて小規模実験
勿論、原爆ではなく普通の火薬でやった実験は存在してます。

オリオン計画で検索すると楽しくなれます。


あと、この担任。

ソ連や中国の核兵器は核融合爆弾だからきれいな核兵器とマジでいってました。
いや、どこの核兵器も核融合させるトリガーは普通の核分裂爆弾やで!!
なんて感じですけれどね。

しかも、ソ連がツァーリボンバ(皇帝爆弾)と言う名称の超巨大核兵器で実験し
結構地球が揺れたなんて話はまったく知らない人でした。



放射能の問題でいえば、中国の核兵器の方が技術が古いので残留放射能は
米ソのそれをはるかに上回るもんだそうですw


  

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://unordinary.jigsou.sadist.jp/trackback/1456429

トラックバック