Un Ordinary Days

普通じゃない、言ってしまえば普通以下

<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< しかし、なんでチェ・スンシル「ゲート」なんだろうね | TOP | 韓国への輸出って全体の4〜5%ほどって聞いたけど >>

2017.02.24 Friday

寿命が10万キロなら平均なんじゃないか?

JUGEMテーマ:車/バイク



GDIエンジンという結局は三菱が放棄した技術でそこまでいくなら平均点だとおもうけどな。

韓国人「俺の現代車はエンジンオイルが全て蒸発した‥」現代自動車のGDIエンジンに欠落、振動、耐久性、エンジンオイル消費、火災‥修理に悩むユーザ達 韓国ニュース

10万キロ走ってエンジンが寿命ってのは、考えてみたらほとんどの車メーカーで
その程度だって事もありますから、そんなに気にしないでよいような?
むしろ、20万キロだ30万キロだと平気で寿命がもつ日本車やドイツ車が異常。

アメリカの車だって10万キロで不調が出だすし、フランスメーカーだって同様。
むしろ、10万キロを超えて安定してる車のエンジンのほうが世界的には稀有な例
なんて感じなのですけれどね。

だから、別にそれがヒュンダイの車の質が悪いてことには直接はつながらないとは
思いますけれど、ただ写真を見るとなぁ。

シリンダーやシリンダーヘッドなんかの材質が他より弱い気がします。
これならシリンダーやシリンダーヘッド、ピストンやピストンリングを変える
という方向での修復のほうが良いと思うのよね。

勿論、メーカー在庫がないとかあるでしょうし、適合パーツがないとかいう話も
でてくるでしょうけれど、ボアアップに相当するシリンダーボーリングをするなら
いっそ、パーツをアフターメーカー製に変えればよいじゃん、と思うのよね。

アメリカみたいに車文化が成熟して停滞してるような状況のところならば
それこそヒュンダイの車に合うシリンダーやシリンダーヘッドはあるだろうし
ボーリング技術があるなら相応のパーツへの変更くらいはできそうだよね?
と思ってはしまう訳ですよ。

できないなら、そりゃあ仕方ないですがむしろ韓国国内で交換用の部品を
サードパーティとして提供するようなビジネスモデルが出てこない方が、
超不思議ですわな。

ヒュンダイも部品メーカーに作らせて売る方向で考えれば韓国の不況問題は
少しは改善するんじゃないですかね?

リサイクルパーツだってあると思うのだけれどな。

  

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://unordinary.jigsou.sadist.jp/trackback/1456423

トラックバック