Un Ordinary Days

普通じゃない、言ってしまえば普通以下

<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< いい加減、小笠原欠乏症は限界であるのですよ | TOP | しかし、二階さんまでもか >>

2017.01.05 Thursday

今時、そんなに編集に時間がかかるかなぁ?

JUGEMテーマ:日記・一般



自分自身も映像や創作等に係る仕事をしてるわけだから思うのだけれども今時の編集と言うので
ドキュメンタリーならばそんなに時間がかかるかなぁ?
と言う事なんですよね。

せと弘幸BLOG『日本よ何処へ』
チャンネル桜の「南京の真実」問題

自分自身も、撮影から演出、編集までを手掛けるようなTV番組(ローカルだったけど)の
仕事に携わった事もあるからわかるんだけれど、エフェクトや効果を多用するような番組、
と言うのでなければ、結構編集は短い時間で済みます。
正直、30分番組のバラエティならば1日にで編集できる場合もある。

勿論、そんなのとドキュメンタリーとは毛色が違うけれどもドキュメンタリーであるならば
必要なのは情報の収集と検証をして、そこから撮影と観せるための映画ないし動画としての
演出に至る訳だから、一番時間がかかるのは撮影、つまり準備と撮影が時間がかかる事になる
なんてのが実情だと思うんだ。

準備には機材や資材、場所の確保からスケジュールの確定、予算の配分なんてのもあるし
当然だけれど、出演者への交渉もある。
スケジュールが確定してから撮影し、最終的な編集からの仕上げとなるのだからやはり、
編集でながーく時間がかかるってのはドキュメンタリーでは致命的な失敗と言えるのでは?
なんて思う次第なのですよね。

実際、制作がどの程度進行してるのかがわからないし、編集に水島社長本人がどこまで
関わっているのかはわからないのだけれど、今は編集はほぼデジタル。
商業レベルでもパソコンの最上位機種を使って編集できるし、アップルのMacProなら
それこそ業務用と言っても過言じゃない。

ソフトだって、FinalCutやEDIUSなんかでやれるわけだし、4Kで作っていると言うのでは
無いのだから、そんなに苦労する事はないと思うの。
所謂ハイビジョンですからね。

これの現在の業務用必要レベルの56Kbpsでやっていたとしてもそれほど時間はかからない
と思うのだよなぁ。

保守系の人はこういう事に疎いとしても、編集だのなんだのの感覚がどうにも
フィルム時代の感覚の様に思うし、そしてフィルム時代でも実際のドキュメンタリの
制作者と言うよりは、なにかこうなんていうの?


8mmで映画作ってた同好会の様な感じがするんだよね。

実際に南京大虐殺の検証の映画を作るとした場合、中国は取材をさせてくれないから
文献をあたり、当時の生存者に話を聞き、また当時の資料の実際と、中国側の言い分を
比べるという作業が主になると思うのだよね。

そうなると、今度は予算がそんなに必要ないように思う。
例え、台湾に生存者がいると想定して話を聞きに行っても、それほど予算を割くとは
思えなくって、実際に必要な予算って、3億もいらないのじゃないかなぁ?

監督のギャラ、スタッフの人件費や機材費などを含めても1億くらい?
これが多分最大に必要な数字で、資料や検証に数千万、撮影費用で数千万で
最大でも2億程度なんじゃないかな、と。

勿論、ゼロから最新器材に変更するための費用もいれるならば別かもしれないけれど
9年くらい前なら、実は市販のFullHDビデオカメラでも一応は使用に耐えられるし、
28Kbpsだったとしても、見る事はできるレベルでは作られてはいるんだよな。

そもそも、画像関係の素子だって結構プロ仕様を転用してのコスト削減を
プロ機材でやってるわけだからなぁ。


そう考えると、3億でまだできてない(8年近くかかってる)てのは作れないとか
スタッフが集まらないと言う事に他ならないのではないだろうか?
なんて思うし、ようやく編集が始まったとしても(ブログに書かれてる時点で)、
デジタル編集なのだからそれほど苦労はないと思うのよね。

試写をして編集の修正だって楽なものだからね。
そう考えると、実際の状況ってのがすごく気になる。

真面目な話、本当にフィルムで作ってるのじゃないだろうね?
と思うくらいには時間がかかってる気がするんだよな。


でも、フィルムの編集技術を持った人ってもうほとんどいないと思うしなぁ。
過去に8mmでアニメや映画を撮ってた自分の様なのならスプライシングテープみたいのが
あるんだったらできるだろうけれど…。


でも、相当でかいフィルムじゃないとダメだろうしな。


さっぱりわからん。





  

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://unordinary.jigsou.sadist.jp/trackback/1456410

トラックバック