Un Ordinary Days

普通じゃない、言ってしまえば普通以下

<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< ところで、韓国は真面目な話3月まで国が持つのかい? | TOP | ゆるふわ的政治的社会的エンタメ的トーク番組的なものの2回目 >>

2016.01.20 Wednesday

火鉢用の灰を5kgほど作らねばならんのだが

JUGEMテーマ:趣味

また、土曜に雪だと?
土曜に桜の木灰を作ろうと思ったんだがなぁ。

てなわけでいきなりなんなんのよ?
とお思いの方も多いかと思いますが、わたしは火鉢マニアです。
箱火鉢が好きだ。
長火鉢が好きだ。
瀬戸物の火鉢も、方形の火鉢もみんな好きだ!!

と言うわけで、色々集めてるてな面もありんす。

んで、去年購入した長火鉢と叔母にもらった箱火鉢(黒檀である!)の灰を変えると言う
そんな事をしたいのですが、藁灰にするか色々考えたが庭木の手入れで切った桜の枝とか
結構ある訳ですよ。
さらには桜の落ち葉とか。
そんなのが大量にある訳ですからこれを燃やして灰にして、滅多にないであろう桜の灰を
敷き詰めた火鉢!とか考えたりしてる次第なのです。

勿論、他の人も色々やってる人はいると思うのですが、私自身は茶道をしてる訳ではない
なんて事もありますし、寧ろある意味お香的な要素が欲しい、てな感じ。

さらに色々集めて行くと火鉢ごとに灰を変えるとかするかもしれませんがとりあえず
今回箱火鉢用に、桜の木灰を使う!と決めたのは良いのですが。

忙しかったり天候がアレだったりで中々できない内に冬半ば。



いや、お湯を沸かすなどもあるから夏でも使うよ僕は?
なんて事はありますけれど、まあ、なんだ。


とにかく、火鉢の灰のベースは桜と決めておる次第なのです。


因みに、長火鉢は桑かはたまた辛夷の木かと悩んでいる次第なのですよね。


でもまあ、どちらにせよ、自然の灰を目指す訳です。

因みに、普通の陶器の火鉢は基本的には豆炭使用なので、豆炭の灰なんですよね。

これは年に一回くらい少し手入れしてる次第です。



  


コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://unordinary.jigsou.sadist.jp/trackback/1456283

トラックバック