Un Ordinary Days

普通じゃない、言ってしまえば普通以下

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2017.11.20 Monday

これはこれで、新たな世界秩序の雛形を見せてるって事?

JUGEMテーマ:日記・一般



陰謀論と言う感じになりますが、世界の大国が口裏合わせて手を組んでこれからの世界を
構築する際に必要な事をしてる、なんてのはあるかもしれませんね。

【韓国発狂】韓国は中国の属国だと欧州メディアが報道www 「韓国の恥部が世界に知られたニダ!!」 火病キタ━━━━━(°∀°)━━━━━!!!www

犬と言うか、飼い犬扱いは韓国人のメンタル的にはかなり屈辱だと思いますが
ある意味での属国根性=事大主義の所為で今のところはそれほど大きな問題には
なってないんじゃないかな?
なんて思います。

勿論、この後の文大統領の動きや発言次第では韓国内でまた物議をかもし出して
ろうそく行列が起こる可能性はありますけれど、それより早く北朝鮮が動いて、
韓国が中国の配下に治まる可能性のほうがでかいですよね。

その場合は、中国領朝鮮自治区になるのか韓自治領になるのか知らんですが。

勿論、アメリカがそれを許さないって話もあるでしょうけれどもしかし現実には
自軍内にいるだけで問題を起こす存在としての認識が強いはず。
そうなると、明確に敵地となった方が動きやすいでしょうしね。

ただ、韓国を中国にあげるとした場合、尖閣や竹島をどうするかの話し合いができるか?
なんて事が気がかりだったりしますし、尖閣や竹島を中国が諦めて後で虎視眈々と狙う、
と言う事もあると思うのですね。
そうなったら、日本の軍備が重要になるのかもしれませんが。

また、逆に北朝鮮が朝鮮半島のトリックスターとして青、赤両軍を混乱させる役割を
必然的に行うって事も、あるんだろうなぁ、と。
どの道、半島有事の起こった際には日本は毅然と自国と自国民を守ることをしないと
自国の存続どころか戦争の拡大を防ぐ事は不可能かもしれません。

漁夫の利狙いのロシアが沈黙してるところが警戒ポイントですw


  

2017.11.19 Sunday

植物由来のゴジラって良く考えたらビオランテのオマージュか

JUGEMテーマ:漫画/アニメ



嘘淵ゴジラが植物由来ってのと、顔が温和なのでなんだかなぁ?と一瞬思った事実は
伏せておく。

植物由来のゴジラって言えば、G細胞を使ったビオランテが思い浮かぶのだけれども、
ビオランテはあの当時は珍しい、非恐竜型(20世紀初頭イメージ)とは違う怪獣で
それはそれで新鮮だったけれども、もう少し異形の二足歩行怪獣でも良かったよねと、
思う自分もいたりはしないわけではないのですね。

だから、嘘淵ゴジラで植物由来ってのはそういう怪獣だったらなぁ、という事の思いも
こめてそうなったのかしら?
なんて思う次第。
勿論、全然違うって答えの確立のほうが高いのもあるんですが。

ただ、予告見る限り結構面白そうで、怪獣に勝てないから地球を捨てたら他の惑星は
もっと住めない星なので、帰ってきて大戦争ってのは展開的には結構くるものがあり、
期待はしてる訳ですよ。

昔、ゴジラでなんでもありのスペースゴジラ(結晶付とは違う)なんて漫画もあった
なんてのは記憶してますが、その系統も含めるとあらゆるもん拾ってる臭いので、
メカゴジラどころかスーパーX系列の復活もあるのかな?
と言うか、ジェットジャガーどうすんだ?なんて事も思ったりします次第。

幸いというか、不幸なことにシン・ゴジラのようにロードショー直後からのネタばれ絨毯爆撃
みたいなのは受けそうに無いので、多分、映画を見に行くことはある、とおもう。


シン・ゴジラはゴジラでできる自分の思う限りの怪獣映画オマージュをしてる部分が
余分なものをそぎ落として作られた映画製作方法だったのとの相乗効果で面白い、
と言う話もあるし、絶対つまらなくなる訳無いよねというヤマタノオロチの逆襲も見てる
そんな世代の期待感が有る分、気をつけないといけないのはネタばれなんですけれど
必要ないのにネタばれをぶっかましやたら喋り続ける人がリアルで当時はいたもんで
結局、映画を観る機会をというか気概を失った訳ですね。

まあ、周回遅れになったら真面目にやらんし必死にやってもムダだという意識を持つ人なので
それを観るにはもう完全にレトロかネオアンティークなんて呼ばれるようになる頃まで待つ、
なんていうのが一番良いかもしれません。


レジェゴジならBDでも納得できるが、シンゴジはねえ。
映画館で無知な状態で見たかったですよ。


なまじ、普段怪獣モノ無縁の人が騒ぎ立ててる分、余計にそう思う次第です。


  

2017.11.17 Friday

野党の政治家の発言だからなぁ

JUGEMテーマ:日記・一般



仮に100歩譲って与党の発言だったら、まだ官房長官に感想を聞く意味はあるんだが
野党の発言に対し、さらに言うとそれらの発言が同じ野党同士での発言ってなるとね?

菅長官に擦り寄った朝日記者が『痛烈な反撃を喰らって』赤っ恥を晒す。思惑を見透かされた模様

足立議員が、玉木議員を犯罪者と呼んだことに対して批判を求めるならばそれこそ
コレまでの野党サイドの自民党への発言、特に安倍総理への発言に対してかなりの
批判を行わないといけないけれど、安倍は犯罪をした!と言う様な事を言っても何も
言わなかったマスコミが玉木議員のときだけ目くじら立てるのは法のと言うか報道の
政治的な中立性の立場からあったらいけないのよね。

だから、同じ様に犯罪者扱いしていた野党サイドの人達も逐次批判的な記事を書かないと
意味はないし、一億万歩譲って与党には言っても良いというのであるならば言うのが野党
という事になるけれど、野党が野党に言うとなると難しい。

正直、利用しようって事で聞いたのは間違いないだろうけれど、コレまでのマスコミが
やってきたダブルスタンダードな姿勢や捏造や偏向といったものがある以上、いい様が無い
って姿勢をとられても、批判はできませんよね、と言うね。

そんな事情だと思います。

それと、フィギュア萌え族ってー造語で偏見と差別を振りまいた大谷某さんが
朝日新聞死ねに対して民主主義の柱の言論機関云々言ってたようですけれども
日本つう生活の根幹を死ねっつーてたのを絶賛してた連中が言えた義理じゃないし
出鱈目で変な偏見を作って酷いことした大谷さんはまず謝らないと駄目だよね!
なんて事もあります。

真面目にマスコミや報道はそろそろ本気で浄化活動したほうが良いと思います次第です。


  

2017.11.11 Saturday

こういった、冷戦の記憶だけで生きてる人達が一番社会の害悪なんじゃないかなぁ?

JUGEMテーマ:日記・一般



【内ゲバ】「あらゆる手段で辺野古阻止するとは何だったのか!」ヘイワ運動リーダー山城博治さん、翁長知事を批判 wwww

平和とは次の戦争の為の準備期間である、とかいった哲学者がいるとかいないとか。
実際のところ、平和って概念が著しく変化したのは冷戦構造が崩壊を始めた80年代、
と言う事はいえるって感じがします。

冷戦は知ってのとおり、イデオロギーの戦いですから武器を使わない世界大戦だと
定義する学者も居る様な物。
つまり、戦争状態において一方の陣営が敗色濃厚となった事から様々な情報戦や
思想戦略戦、国家の破壊作戦てな事がされてきたとかなんだとか。

勿論、アメリカだって気を抜いたら負ける可能性はでかいですから自由主義陣営を
必死で護る戦いをしてますし、それは他の自由主義陣営国も同様。

転じて、共産主義国は同じ様に気を抜かずがんばったはずなんですが、結局負けた
と言う現実があるんですね。
中国がまだ残っているという人もいると思いますが、その中国だって自由経済特区
と言ったものを設定したりして、生き残りをかけたり反攻をかけたりしてるので、
当然ですが勝ちとはいえない状態。

押されている状態になってしまっているのは事実です。

勿論、中国が勝つ可能性だってなかったわけじゃないのですね。
それは、上海万博や北京オリンピックの前後で自由資本経済と計画経済の融合を
可能性として見せた時点ではまだそれなりにあったんだと思います。

ただし、習近平の統治になって小皇帝世代が全ての支配をするような状態になり
結果的にその可能性は潰えたって感じです。

この問題てのは、左翼系列でも共産主義国家系列でも同様ですけれども
共産党が言う民主中央制とか言う実質独裁世襲制度にあるといっても、
過言ではないと思うのですね。

なんで、それが独裁の世襲かっていうと共産主義思想の根幹を成す
リーダーが居てそれが下々を育てる、啓蒙するという形が原因です。

下々は愚かである、というのは共産主義思想が誕生してそれから変化していく過程で
それを知っている人は知らない人に啓蒙し、育てコミュニテイを作っていきそれらの
コミュニティのリーダーが代表して大リーダーを決める制度からの始まりなのですね。

ところがコミュニティのリーダーはそもそもが大リーダー的な人が啓蒙した人ですから
それ以上の存在をリーダーとする、なんて事を言い出せない、いわばまだ勉強中の弟子
と言った形になります。
その弟子が、師匠を罷免する事が出来ない構造で、構造的には儒教に於ける徒弟制度と
近しい状態に。

即ち、上に立ったものが次代のリーダーを選出し、他の小リーダーはそれを
承認するだけの形になってしまうのですね。
前大リーダーは、権力を有る程度維持したまま引退できます。

この問題にはレーニンなんかも気づいていたみたいですがスターリンによって
共産主義の独裁世襲制度が完成したといっても過言ではないのだそうで。

で、現在。
中国は、小皇帝といわれた一人っ子政策第一世代が世の中核をなす要職にまで来ており
一人っ子政策の弊害、子供が死んだらそれまでよ、の結果からかなり我侭でかつ自己中心的
と言う性格の上、見聞が狭いという弱点があるそうです。

この辺は、左翼の学者も懸念してたのが本で書かれていたりするのもありますが
過去の経済誌等でも中国の危険性として指摘されてたりしました。

そして近平さんは、って言うと……。

【中国崩壊】中国政府、自らを悪魔の子孫だと世界に広めてしまうwww と ん で も な い 大自爆キタ━━━━━(°∀°)━━━━━!!! 2ch「習近平バカだろ」「教養が足りないね」www
龍を権力や知識、賢者の象徴とするのは東洋ではまだ現役ですし、西洋でも
一部地域では知恵の龍などの話もあるんですけれども、龍も竜(龍より劣る)などの言葉は
どれもドラゴンで英訳されてしまいます。

まあ、日本ならバハムートだのドラゴンだのなんだのと言う似たような意味の言葉に
置き換えられるだけの知識は、若い世代にはあると思うのですけれどもね。

しかし、これを普通に言ってしまう場合賢者のドラゴンではなく邪悪な怪物として
英訳されてしまうんですね。

そりゃあ、トランプはなるほど!といいますよ。

中国自らわれ邪悪の末裔なりと言ったようなもんですんで。

そういう部分では一人っ子政策における弊害とされる小皇帝世代が出た事と、この沖縄での問題は同根
といえるもんでして、見識の狭さや考えの小ささなんかを、リーダーとされるものが同じ様に言わないと
つまりコピーされた聖なる反戦主義でないといけない状況による閉塞なんですね。

考えや観測、思考や予測というのや現実への対応能力が閉ざされた中でのリーダーの
世襲であり、それによって決まった形式でなければいけない状態を作り出した結果、
現実への対処ができなくなります。

これはもう共産主義の初期にできた欠点をそのまま受け継いできてしまった結果の
全体主義を行っているだけなんですね。

これがあるから、多くの反戦運動や反基地運動は多数の人に受け入れられない状態
というのがあるんですね。

これを改善するには多少の差異は認める度量が必要なのですが……。


まあ、絶対主義な状態ではムリでしょうねえ。



即ち、共産主義や社会主義は反戦、反核団体の中においてはただの独裁の世襲であり
同時にソレはスターリンの末裔である、もしくは亡霊であるという自覚を持つことが、
彼らの再生に必要なことだといえる次第です。



  

2017.11.09 Thursday

家業と本業の融合合体!

JUGEMテーマ:車/バイク



I!GO!融!合!ひやういGO!ですよ!

て、何かといきなり思われますかもしれませんが実は11月3日に実家のNPO峠工房
WindsFormulaAssociationNaturalRebornで発達障害児や健常児、健常者や障がい者を
分け隔てなくカート体験走行するイベントの初開催したんですな。

場所は木更津サーキット

千葉県は家(峠工房)から遠いですが、ちゃんとETCも使えるし普通に高速道路も
使えるから大丈夫だ!
なんて感じなのですけれどねえ。


まあ、豆腐メンタルが2号車運転なんでなんか凄い事になってたけどな!

因みに、豆腐メンタルがオタつく要因は川崎航路トンネルでの事故からの渋滞だよね。
これなかったらもうちっと落ち着けたのでは?
とおもうがまあ、済んだことはしょうがないw

さて当日は快晴。
サーキットも朝方は路面がちょっとウェットだけどなんともなし!


インストラクターはプロレーサーでNaturalReborn現在の理事長伊藤鷹志。


最初は彼が、二人乗りカートで横に参加者を乗せてコース体験。



各種説明の後、実体験。



んで最後は模擬レース。



さて、これだけの事ができるのは峠工房の数十年にわたるデータの蓄積と解析、それと
それぞれの子供に応じた対応策の構築手順の体系化ってのがあったりします。
勿論、障害特性なんてのも考えて対処するのであるからけが人が出る事はないw

そしてモータースポーツはWFAが十八番の世界。

さらに伊藤鷹志はプロレーサーでNaturalRebornの理事長を引き受ける様な人だから
対処、メンタルケアは万全(かもしれない)。

そこに元々イベントやデザイン、映像などに関わってる私のノウハウとWFA理事長の元々の
本業の分野のノウハウと、伊藤さんのスキル等を全部合わせればこれは安全に色々それこそ
安全に危険に直面できるではないか!と言う状態に!

なので、およそ1年のスパンを経てシステム化した上での開催なのですね。

ここで私らがやったから俺らもできるだろう、と思ったりしてカート体験とかさせると
大怪我させる可能性があるから、下手に真似なんぞしてこちらのこれからのカリキュラムを
駄目にする様なことをされたら溜まんないな、と口だけ福祉支援施設なんかの存在が
増えた事で気にはなってるあれこれありますが、とりあえず大成功ではある。

なので、これの開催スパンをなるべく短くできるようにした上で、各種企業や
それこそ自動車・バイクメーカー、さらにはモータースポーツ関連企業の協力、
なんてのを求めたい昨今なのです。