Un Ordinary Days

普通じゃない、言ってしまえば普通以下

<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2018.08.14 Tuesday

そもそも冷や飯食らう覚悟も無いで喧嘩売るヤツに投票する様なのが多数なら自民党の支持率下るでw

JUGEMテーマ:日記・一般



マスコミとか野党とかパヨクと呼ばれる方々はそれが狙いかもしれないですけれども
まず、明確な政治ビジョンが無い上に、野党やマスコミの言う事を追認する程度しか
発言しない石破茂さんに対して、一般有権者がどう見るかって事や自民党員や自民議員
はては、役人界隈もどう思うかって事ですわなw

石破茂さん、ヘタれるwwwww 安倍首相に土下座で命乞いした結果wwwwww

安倍首相を支持しないままでいて、冷遇されたって事例がないんですよね。
野田聖子さんだって役持ちですけれど反安倍っすわな。
総裁選にでるだけの人望が無いから出れないてな感じですけれど。
でも役もらってます。

んで、かく言う石破さんも役のオファーあったんですよね。
地方創生大臣だとかやってるし兼務してる時も有ったわけですよ。
んで、幹事長だかやってたりw
そういう状況で総理に批判的だと冷や飯食わされるとかいってもおかしいですよ?
と言う事になるし、地方の自民党員が首相を嫌う傾向があってもこれだけ矛盾した事を
平気で公共に発信してしまう様な人を、次期総裁なんて事にしてしまったらそれこそ自民党の
信頼が失墜する訳ですよ。

もちろん、そうならない公算が大きいからこそ、冷遇されるとか冷や飯食わされるとか言って
予防線を張ってるんでしょうけれど、実際には冷遇されたことも冷や飯食わされたこともない
と言う石破茂がこの後に役をもらっても、世間は石破の戯言での世論を気にした人事と見るのが
普通の流れなんですよね。
当然ですけれど、役をもらえなかったら安倍独裁とマスコミが騒ぐだけですけれど。

なんですけれどもねえ。
マスコミも旗色が悪くなれば掌を返すのはいつものことで負けたら加計学園関係の事は
石破が関与って出てくるんじゃないですかね?
当時指名した首相の任命責任と同時に、特区担当だったんだから石破は何かを知っている!
とか言い出すパヨク界隈もでてくるかもしれません。

なまじっか、あちらこちらの勢力に日和った結果、自分の首を締めているだけだと思うのですが
どうなんでしょうかね?

日刊ゲンダイは、石破有利の可能性も願っている様なんですけれどね。

〉「石破氏の政策をしっかり聞いて、比較検討したい」ということだった。

と言う言葉が出てくること見ても、実際に取材したとしても比較検討できる内容を今までに
発言しているか?って事になるでしょうし、ちゃんと政策を、それも一般国民にアピールできる
政策を持っているか?と言う事を考えるべき内容だと言ってると思うんですよ。

必死で自民党員と自民支持者は違うと言う事を言ってますけれど、実際に違っても投票する数字には
その自民支持者が出ることに成る。
安倍総理を下ろしたら、自民の支持率が減ると言う事は確実なのですからね。
自民党員だって、現実的な判断をしないと行けない時はあります。

つまり、石破さんのふわふわした曖昧模糊な話の内容では、一般人は少なくともテレビしか
情報源が無い人くらいしか石破さんを支持しないんですよ。

で、現在そのテレビしか情報源が無い人も減っている時代でして、ネットとテレビと新聞と雑誌と
そんで、ネットTVと言う情報社会なんですよね。
テレビや新聞が拠り所にする自分たちの支持者の数が減っている事を気づいて作戦が建てられれば
石破さんなんかに頼らないでも良かったと思うのですけれど。
まあ、無理なんでしょうね。


  


2018.08.13 Monday

魅力が無くなったと言うよりは、危険が高まっただけなんじゃあ?

JUGEMテーマ:日記・一般



韓国から多国籍企業の撤退が相次ぐ! もう韓国には魅力がなくなった? 東南アジアに全部持っていかれる?

労働力と言う側面で考えるならば下請け工場としてルーティンワークをさせているならば
問題はないレベルだったりする面はあるでしょう。
労組が、仕事をしないでも給料よこせ!みたいな運動を大企業相手に行う状態はあっても、
中小企業レベルならば、仕様通りのものをつくれば金になるを徹底して躾ける事で利用を
できなくはないですしね。

ただ、大きなもの、重要なモノはだめだと言う判断になるでしょうし、細かい仕上げが必要な物
と言うのも、まあ難しいかなぁ?と思う面はあります。
劣っていると言う言い方が正しいのかどうか判りませんが、少なくとも丁寧な仕事と言う意識や
規定通りに仕上げると言う意識に関しては、やはり東南アジアに劣っていると言うのはある、と
思ってしまうのもまた道理なのですね。

だから、韓国に今後の仕事を回す事を多国籍企業が考えるかと言うと損失分による利益への
被害を考えれば、撤退やむなしなんじゃないでしょうか?
また、仕事と言う面に関して言えば、彼らに任せて大丈夫と言う部分に不安視される事故が
やはり多発している現状です。
企業のコストパフォーマンス、費用対効果と言う視点で見ればこれもまたリスクなのですね。

そして、やはり戦争リスクじゃないでしょうか?
北朝鮮と融和を演出する文大統領の姿勢は、評価されつつもそれ自体は実はリップサービスで
ほしいのは実利です。
これは企業だけでなく、各国の首脳や政府関係筋では一致していると思います。
北朝鮮は約束を守らない独裁国家と言う方程式は既に世界共通認識ですし、そのために今まで
煮え湯を飲まされたと言う意識も存在しています。

核査察に応じない、騙す、熱りが冷めたら再開すると言う姿勢が幾度も繰り返されている
という状態ですから、日本の野党がどう言おうと現実主義の海外は北のリスクをより強く
認識するだけなのですね。

そして融和宣言した文大統領も所詮は北に踊らされた口であるだけではなく、何よりも
北にべったりとなっています。
財閥を弾圧するかのような勢いでの、最低賃金をアップする事やそれによる企業の負担を
まるで考えない事をした結果、さらに韓国の経済は危地に立った訳ですからね。
戦争が起こるリスクの一つ、国内の不安が有るわけです。

もし、これがもう少し進んで国民の生活が圧迫されたらどうなるか?
てーと、人民の解放のために北朝鮮が進軍する事もありえなくはない訳ですよね。
中国や北朝鮮、韓国も19世紀末から20世紀初頭のメンタリティですから戦争をする事が利益に
即繋がるって考え方があると言っても良い訳でその例が南シナ海の領有権問題ですよね。
世界認識は公海なのに領土だって言って実力で基地を作る等している訳ですし、同時に
海流への悪影響も懸念されているのですから、世界の破壊者として中国が攻撃されても
おかしくはない状態。

そこに属しようとする韓国の状況を考えたら実のところはロシアよりの北朝鮮が
反撃をしない訳がない。
つまり、朝鮮戦争が再開するとしたら起こるのは米中の戦いではなく中露の戦いと踏んでいるとすれば
そうそうに非難をして、安全圏を確保の上、結果がでるまで営業所を置く、というくらいしか今の世界で
対処できる方法がない、と言う見方もできるんですよね。

つまり、アメリカはうまく中露を戦わせる事に成功しつつある、って考えです。
なくはない、と思う次第なんですけれどね。
ロシアも制裁食らっているから起死回生のチャンスがほしいでしょうし。
となると、日本とは仲良くやって北による朝鮮半島統一からの経済行動が望ましいと言うのは
あるかもしれません。


  

2018.08.10 Friday

散々、自分らが使った手法でやられてるって気づかないといかんですけれど

JUGEMテーマ:日記・一般



太田光代氏「顧問弁護士事務所に委任状出した」…太田光「裏口入学報道」に猛反論中★7

安倍政権を叩く為に、出自不明の関係者等の意見を使うとかやって散々色々言った訳ですけれど
それが帰ってきたって所ですね。

実際に疑惑の強い石破さんは批判しないで持ち上げる等もメディアではやったりもしましたし
野党サイドの問題は何も言わないけれど、噂で聞けば安倍政権に関係するなら略叩く!をした
ってことでは同じ事が帰ってきても、文句は言えないわけですね。

しかもこれが一般人ならまだしも、政治的にもオピニオン気取ってやってた人達の一人です。
同じ状況下で、疑惑を証明し晴らすのは疑惑を受けた人なんて話をしたりしてるのを擁護する
てな状況でしたからのう。

全ての反証を自分がしないといけない状態になっておりますけれどでは実際どうか?
ってなると裁判をちらつかせるってやつ?
つまり、自身に不利な情報を出した相手を脅す、スラップ訴訟とみられる危険がでかいわけです。
てのはパヨクと呼ばれる人達も、反日と言われる人達も、はたまた知識人を自称する人達も、
不利な意見や情報をだした相手に必ず名誉毀損等の本人がそう思えばそうなんだ方式での訴訟を
してる人達は多い訳ですよね。

結果、どうなるかって言うと、ネットの情報でもなんでも不利なことを言われたからではなく
リアルの世界では相手に反論できないから、訴訟で黙らせようとしていると言う印象がちょっと
強くなってきているのですね。
マスコミがちゃんと報道しない所為もありますけれど、結果として自分の気に入らない相手に
裁判をふっかけていると言う印象を持つ人が増えていると言う状態ではあるんです。

ネトウヨだの言われたこと無い人でも、あいつら沸点低いよねと言う話が普通にでてくる状態が
広がってきていると言う事は、こう言ったらなんですが自分たちを消滅させるための努力を
必死でしていると言う状態になってきているんですね。

さらに、政治にさほど興味の無い人でもつるの剛士さんを叩いたり、RADWIMPSに抗議デモなんて
やらかしたりした事が話題になりそれらの馬鹿をした人を擁護する立場の人達がスラップ訴訟してる
なんていうのは、わかって来てしまってるんですよね。

これをネットのデマだと言ったりする人もいるんですが、実際にあった事例ですから、
デマだと言って騙そうとしていると言う状態になってきているのもまた事実。
つまり、左翼やサヨク、左派政党や政治家の社会生命を奪っているのはそういうパヨクと呼ばれたり
左派系知識人と言われる人の言動が元なんです、って事なのですよね。

困ったものですw

日本の民主主義を潰すのはどうやら、安倍政権ではなく反安倍サイドと言う事になりそうです。

   

2018.08.09 Thursday

立憲民主党は、期待値が高いときに普通の政治をしておけばよかったんや!

JUGEMテーマ:日記・一般



【悲報】俺たちの立憲民主党、この半年で支持率がなんと46%ダウン!

半年でおよそ半分のダウンですから、下落率はかなり高いんですね。
ほっておくと、すぐにでも共産党を下回るレベルなんですよね。

共産党がそれほど下落してないのは、共産党自体は地方では堅実に事を行う人もいるからです。
中には、自転車のサドルに体液かけて話題になるような人もいますし、小池晃さんの様に言う事や
やることがてんでデタラメ、と言う感じの人もいますが、それでも地方で力を得るだけの事はしてる
と言うのが現状なので、この数字でいつもウロウロしてるわけなんですね。

だから本来は、公明党と同じかそれより上にいかないといかんのですが野党共闘だの
安倍が!だのヤっている所為で、若い世代でのそれまで支持するとしてた人が減った、
と言う事になってる模様。
共産党の若手不足は党内だけではなく、党外にも波及しているようです。

数字をみると、共産党の指示が下ってる時期って小池晃さんがテレビ等で馬鹿をしてた時期
なんていうのと重なる気がします。

で、本題の立憲民主党ですが、立憲民主党は枝野さんの結党当時の演説で期待値を高めました。
何かそれまでの旧民主党系列と違う何かを感じたのは若い世代にも居た様ですから、当然ですが
期待値込めて、数字はあがります。

ところが、執行部や幹部は民主党の残存の中から特に一般受けの悪いままの決定。
菅直人さんの幹部登用はあかんかったと思いますし、蓮舫さんの野放しも問題だと思います。
これらが、一般の特に熱心ではないけれど、自民以外良いのないかなの期待を持つ人の期待を
裏切ったのは否めません。
本来ならば、枝野さん以外はまったくの若手で攻めたほうが良かったと思える人員構成をしてしまった
と言えるのですね。

もちろん政党は維持する為に必要な予算がありますし、費用もかかります。
そうなると、国会議員や古参の政治家を重用して資金繰りを良くする事をしないといけないのも
また道理なのですが、民進党が分裂し、安倍一強が全然変わらないという状態では少なくとも、
政治をする政党と言う姿を見せる必要があったのですね。
この辺は、ブログ以外でも結構話しているのですが、蓮舫さんや菅直人さん等は311以前から
民主党の評価を下げる言動が多かったのですよね。

特にこの両名はパフォーマンスマニアです。
パフォーマンスで数字が取れる、評価が取れると言う成功体験があって、それに縋っている
と言っても良いでしょう。
この結果、やってはいけない状況下でもパフォーマンスをしてしまうと言うか間違ったパフォーマンスを
繰り返しているだけなのですよね。

結果、何をやっても森友加計、安倍がー!財務省がー!等などでバカの一つ覚えじゃん!で終わる
悲しい結末を持っているだけなのですね。

それは、朝日新聞の調査でもでてしまっています。

【朝日新聞世論調査】自民党に対抗する勢力として、いまの野党に期待できますか? 「できない」80%

某かの変化を求めて分裂した新党に期待した人も半年で何もできてない、結局気に入らなければ
審議拒否と言ういつもの民主党のやり方を見せられてしまえばもう期待もされないって事なのですね。
んで、これは結局は社会の真実、真理なんですよねえ。

立憲民主党の結党には希望の党に入れてもらえず捨てられた人達を拾った枝野と言う人物の行動と
それに伴う今後の期待があったからこその支持だった訳ですね。
ネットでも政治の話をしてもそこまでの強烈な人は目立ちません、と言うか強烈なのはウヨサヨ問わず
目立っていますが隔離されています。
現実でも同じで、ネットと現実を別に考えてはいけないのですよね。

で、現状。
ネットが現実の延長だと気づかないまま、蓮舫さんや菅直人さん等、民進党分裂と言うか消滅の
立役者達を重用しちゃいました。
それで責任をとって質実剛健を目指し若手を育てると言う姿勢を見せれば良いですが結局は、
民進党の延長でした。

世間的には小さい民進党が2つか3つできたに過ぎないのですよ。

こちらの記事の、このグラフを見ると判りますけれど、ものすごい数字の変化ですよね。


可能性を信じた人達を裏切ったと言う事以外でこの数字を出すのはかなり難しいですし
長い目で見ようや!なんて言ってる状態でもないのは事実。
なにせ、過去に一度政権を経験しているというのはあるのですから、当然ですけれども
政権を経験したのに遣ってることが、未経験時代の野党の頃と変わらないかそれ以下、と
印象付けられる状態になったのは、彼らの作戦ミスだし支持率よりも安倍叩き!の姿勢が
あったとしか思えない状態なのです。

ここから立憲民主党が盛り返すのはかなり至難の業です。

蓮舫さん達を切り捨てて一切党の幹部クラスとせず運営に口を出させず、若手を育てる姿勢と
若手の意見を国会に持っていくと言う事を行わないと、やはり数字が0%台をうろつく事になる
と言う感じがする次第です。

  

2018.08.07 Tuesday

石破さんの人望の無さはそういう、実際に必要ではなくインパクト重視

JUGEMテーマ:日記・一般



つまりは、パフォーマンス重視の姿勢によるのだろうなぁ。

2018年08月07日04:32
石破茂の提案を辛坊治郎が一言でバッサリと切って捨てる こんなことしてても間に合わないだろ


ひどい災害がでたから防災省と言う事を言うのは、後々の対応で今の事態を対処すると言う意見ではなく
今後の提言と言う事になります。
と言う事は、現時点での段階で同じ様な災害が起こった時にどうするかを省を新たに作ると言うのは、
実際には考えができてないって事なのですよね。

元々防衛大臣だった時にも、騒ぎになったらすぐ自衛隊が悪いと言ってしまったような過去もありますし
UFOの事を実存するかのように言ってしまった過去もあり混乱を真似ている面もあります。
彼が、ちゃんと総理を目指すのであるならば、もう少し現状への対応が的確な事が必要となると思いますし
このままでは、彼によるパフォーマンスでテレビがまた大騒ぎをして本来の必要な事をできなくする、と言う
問題も考えられなくはないです。

彼が嫌われる理由には、こういった場当たり的に言うあまり的確ではない発言が多い事もあると思います。
石破茂がなんども総裁選を断念している事や、要職に今ありつけないのはその口の軽さと言うか無自覚の
適当発言が多いからなのではないかな?なんて思ったりしたりする次第です。